ここから本文です

オオクワガタに付いての質問ですが、一度交尾をさせて雌が卵を産んだ、その雄と雌...

アバター

ID非公開さん

2019/10/1203:10:06

オオクワガタに付いての質問ですが、一度交尾をさせて雌が卵を産んだ、その雄と雌を使い二度目の交尾はどのくらい間隔をあければ大丈夫なのですか。また二度目だと卵の産む量が少ないとか二度目だと条件が変わる事は

何かあるものですか。

閲覧数:
20
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fur********さん

2019/10/1207:13:23

二度目は冬眠させて来年シーズンで大丈夫です。
野外品の♀を6月に採集しても9月位まで産卵して、その後、冬眠。たまに冬眠明けに未交尾でも産卵します。一度交尾すると♂の精子はけっこう長生きするみたい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

todopapasanさん

2019/10/1213:19:05

>その雄と雌を使い二度目の交尾は
>どのくらい間隔をあければ大丈夫なのですか。
=一定間隔あける方、再セットに速攻でセットされる方、
飼育スタイルでそれぞれだと思います。
また、♂は♂で3~5♀種付けさせたり、
同居ペアリングで、交尾無制限・・・もあります。
ですので、間隔をあけずに再セットも問題なく可能です。

>また二度目だと卵の産む量が少ないとか
>二度目だと条件が変わる事は何かあるものですか
=羽化後6ヶ月経過後の初シーズンの産卵に関しては、
再セット、再々セット、そのシーズンフル稼働はできています。
順調に行けば数回の割り出して、40~60頭は目指せる範囲ですね。

ただ、翌年に再度種親に使う場合は、
種親に使用した♀は産卵により体力を消費してしまっていますので、
♂より生存させて再越冬させことに
ややハードルがあるように感じています。
経年による成熟度が高くなるためか、
メスの産卵気管に卵の殻が溶け出すようになり、
翌年のシーズンに使う場合、
再交尾自体は不要ですが、
産卵管が詰まるためか産卵数は落ちてしまう傾向が多いと感じています。

シーズン後半に使用済♀が意外と多く流通しているのが
何故なのかが気になりますね。


ですので、
個体差、飼育スキル、管理環境によって
変わってくるのだとは思いますが、
初シーズンのセットであれば、複数回使用に関しては、
感じる差はないと思っています。
産卵をして幼虫を回収しているのであれば交尾は成功していますので、
最交尾は不要です。そのまま再セットに投入もありです。
♂の方は別の♀といつでも交尾させることは可能です。
※国産オオの場合、♂は結構タフです。
また、産まない♀は、どんなに頑張っても産まない。ですね。

mor********さん

2019/10/1205:19:31

1度のペアリングが成功していれば100個ほどの卵を産卵します。
1ラインで100頭以上の幼虫を飼育する事が無いので、減るかどうかはわかりません。
ただ、メスの産卵気管に卵の殻が詰まって来ると産卵数は減ります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる