ここから本文です

この答えはalthoughなのですが、自分はneverthelessを選択してしまいました。解説...

pas********さん

2019/10/1223:16:27

この答えはalthoughなのですが、自分はneverthelessを選択してしまいました。解説をお願いします。neverthelessについて例文をみると文の先頭に置いてあるものもありましたので理由が分からず質問しました。

Nevertheless,although,例文,接続詞,先頭,解説,前述

閲覧数:
10
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/10/1223:34:02

nevertheless は副詞なので前文を指して「それにもかかわらず/それでも」という意味です。
although は接続詞で、あとにくる節を指して「~であるけれども」という意味を表します。

本文はコンマの前後に節が二つあるので接続詞でつなぐ必要があります。
nevertheless は接続詞の働きをしないので不適です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nik********さん

2019/10/1223:44:24

最初の部分が「彼は教養の無い自動車の修理屋だった」と否定的で、でも最後の部分が「彼は国の最初の大統領になることができた」と肯定的で文の前述と後述が対照的ですよね。

Neverthelessは「にもかかわらず」という意味で、前述の内容は確かに事実ではあるが。。。という時に使います。

Although も「にもかかわらず」という意味ですが、主節の内容からすると予想外の内容を述べる時に使います。

つまり教養のない修理屋にもかかわらず予想外にも大統領になった、この文では前述が後述とは対照的で予想外なのでalthoughの方が適切です。

予想外か否か、がalthoughかneverthelessを使い分けるコツですかね。。。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる