ここから本文です

タイのバンパイン宮殿内部 仏教の僧侶が見えますが建築様式としては西洋のキリスト...

mkj********さん

2019/10/1323:58:47

タイのバンパイン宮殿内部 仏教の僧侶が見えますが建築様式としては西洋のキリスト教会そっくりですよね。いつどのような影響でこのような建物が建てられたのでしょうか?

バンパイン宮殿内部,教会,建築様式,僧侶,仏教,アユタヤ,ヨーロッパ

閲覧数:
14
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kik********さん

2019/10/1400:23:56

バンパイン宮殿は、もともとアユタヤ王朝時代に作られた離宮ですが、ビルマ軍にアユタヤが破壊されたあと、放置されていました。

その後現王朝のラマ4世、5世の時代(王様と私の舞台になった頃)に修復されましたが、その時代にヨーロッパとの交易が盛んだったために、ヨーロッパのルネッサンス様式やロココ様式が取りいれられ、タイでは珍しい和洋折衷の建築物が林立しています。

「タイの僧侶」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる