ここから本文です

厚さ5ミリ、フルスーツ(セパレートじゃない)のウエットスーツで表ジャージ、裏ス...

アバター

ID非公開さん

2019/10/1410:36:15

厚さ5ミリ、フルスーツ(セパレートじゃない)のウエットスーツで表ジャージ、裏スキンのものを探しています。

しかしアマゾンなどで探しても市販品はどうしても両面ジャージのものばかりで条件に合うものが見つかりません。
流石にオーダーで作るほど使う訳ではないので、高くない市販品で条件に合うものを欲しいと思っています。
売っているお店やネットショッピングなどご存知な方いましたら教えてください。
また、市販品の両面ジャージのものを裏面のジャージ素材を、個人で剥がして裏スキンとして使うことは難しいでしょうか?

閲覧数:
52
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cyb********さん

2019/10/1508:07:37

確かにジャージに比べて少しマニアックな裏スキンは廉価な既製品には見かけませんね

でも少しぐらいはあるかと思ってサッと検索しても、スピア用のカモ柄ぐらいしか見つかりませんでした

売れないものは作らないというのは経済の仕組みとしては当然なのでしょう


ネオプレンゴムのジャージを剥がしてもスキンにはなりませんよ
強いて言うならセルスポンジ(ツヤのない発泡ゴム地)にはなるかも

でも新品のジャージってしっかり貼り付けてあり簡単には剥がれず無理にやると生地を傷めるし、強度も下がるので手間を掛けて機能性を低下させてるだけに思えます

ヒートガンやアイロンで熱をかければ接着材を軟化させることは出来るかもしれませんが、そこまでやる意味は無いんじゃないでしょうか

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

凡人潜人さん

2019/10/1411:47:28

>表ジャージ、裏スキンのものを探しています。
「表ジャージ、裏スキン」で検索されれば、それなりに出て来るのでは?

>市販品はどうしても両面ジャージのものばかりで条件に合うものが見つかりません。

確かに安モンは全て両面ジャージで、それは製造コストが低くて済むからです。

スキン面は縫えないので接着に手間とコストが掛かるのに両面ジャージよりも高い価格設定にし難く、更に「破れた!」とか「接着面が剥がれた!」とかのクレームが来易く、両面ジャージの方が無難なので、裏スキンスーツを作りたがらないのも無理はありません。

裏スキンの方が浸水が少なく、2回目に着る際にも冷たくないので私もお勧めしてますけど、安モンスーツの購入者の殆どはそんなことは知らないのでメーカーとしても作る意味が無いと思ってるんでしょうね。

この投稿を機会に格安の既製裏スキンスーツが出回るといいですね。

今年は無理でも来期から出ることを期待しています。

一流メーカーには裏タックレスの既製品及びオーダー品を出して欲しいと思っています。
>また、市販品の両面ジャージのものを裏面のジャージ素材を、個人で剥がして裏スキンとして使うことは難しいでしょうか?

それは非常に困難です。

接着剤を溶かす溶剤を使えば剥がせないことはないでしょうけど、ゴムにも悪影響が出るでしょう。

それに、滑りがメチャンコ悪くて着難いこと間違いありません。

近年のスキンの多くはSCSやリぺルなどの表面コートやタックレス加工(貼り付け)が為されていて、滑りが良くなっています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる