ここから本文です

女子差別撤廃条約の国内実施における問題点とは・・・?

fra********さん

2008/12/1718:34:22

女子差別撤廃条約の国内実施における問題点とは・・・?

女子差別撤廃条約では、留保を付している国が多く
それが締結国間、又は女子差別撤廃条約の目的達成という点で問題となり得るということは分かるのですが

国内実施における問題点というと、どのようなものがあるのでしょうか・・・?


日本では、女子差別撤廃条約批准後、
男女共同参画社会基本法や、ドメスティック・バイオレンス法などが制定されましたが、
それは、女子差別撤廃条約の批准の効果があったと思うので、批准による利点はあると思うのですが・・・・

問題点と言われると、全然思いつきません。


どなたか、問題点を思いつくようでしたら、教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

閲覧数:
2,527
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

捨助さん

2008/12/1720:40:31

差別の撤廃、男女平等ではなく結果的に女子優遇になっている点ですかね。

男性と同じ権利を有するのはいいんですが義務も同じだけ負わなければ男女平等ではありません。
その点がどうなのか・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる