ここから本文です

数学で用いられる漢字についての質問です。 「2次方程式は2つの解をもつ」の「...

mat********さん

2019/10/1605:31:02

数学で用いられる漢字についての質問です。

「2次方程式は2つの解をもつ」の「もつ」を「持つ」と漢字で表さない理由はなぜですか?

実際には同じ著者の同じ文章の中で、どちらの表現も混在していますが「もつ」が圧倒的に多く「持つ」が誤植・誤変換という印象です。
主語が人間の場合は「持つ」を使うが、主語が「物」の場合は「もつ」を使うのでしょうか?

ちなみに「2次方程式の解を1つとる」の「とる」を「取る」と漢字で表すのは間違いで、敢えて漢字で書くなら「採る」が正解だが、結局平仮名で書く習慣はあります。

「x>0のとき」の「~のとき」は「~の場合」の意味だから、「~の時点」という意味の「時」という漢字は使わないというのも聞いたことがあります。

結局、漢字を使うか平仮名を使うかは、深く考えず、これまで読んできた文献の多数派に従うだけなのですが、、、

閲覧数:
251
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

2019/10/1607:04:33

1.解を有(も)つ
有(も)つ…有(ユウ)する。具(そな)えている。
2.解を1つ采(と)る
采(と)る…選んでそれを用いる。人偏付きの採(と)るとも。
3.x>0のとき
時間に直接かかわらないこのような仮定的条件の場合は、なるべく仮名書き。かつては節(とき・セツ)などとも。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asu********さん

2019/10/1611:15:11

>主語が人間の場合は「持つ」を使うが、主語が「物」の場合は「もつ」を使うのでしょうか?

主語ではなく、動作主体が人の場合が「持つ」「取る」の漢字の意義で、それとは異なる「有する」「採用する」という意義で使用しているため仮名書きしています。■

suz********さん

2019/10/1606:27:35

日本語は、言語として完成する以前に文字(漢字)が中国からもたらされたために、漢字なしでは表現できない特殊な言語になりました。中国文化の影響を受けた国の中で、日本だけが漢字を捨てられない理由です。

逆に言えば、漢字の輸入以前に日本語として成立していた言葉(大和ことば)は、漢字を使わないほうが、本来の意味やニュアンスが伝わりやすいという特性があります。
また、漢字には無駄が多く、同じ意味の漢字が多く存在します。
「みる」とか「きく」とか単純な動詞には多くの漢字が使われます。この場合、どれかひとつの文字を選択しづらいときは平仮名を用いるのが無難です。

小説や論文などを注意深く読むと、難しい熟語を多用する作家ほど平仮名を多用していることに気づくはずです。
漢語には漢字、大和言葉にはひらがな、という書き分けをして、なお漢字が多いと思える文章が美しい日本語といえます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる