ここから本文です

今年に入ってJリート(不動産投資信託)が単独でものすごく好調に上がってきました...

bec********さん

2019/10/3005:38:04

今年に入ってJリート(不動産投資信託)が単独でものすごく好調に上がってきましたが、不動産業者の株価はそうでもなく、山あり谷ありだったと思います。
なぜこのようになるのでしょうか?

閲覧数:
441
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sut********さん

2019/11/410:43:16

J-REITはキャピタル・ゲインを得るよりも、インカム・ゲインを目的とする商品であるため、比較的長期的な投資に向いています。少額からの投資が可能ですので、不動産投資に興味がありながらも高額で断念した方をはじめ、資金の少ない投資初心者の若年層からも人気が高まる傾向があります。また、J-REITはNISA(少額投資非課税制度)の適用対象ですので、枠内であれば利益が全て手元に残るというのも魅力です。キャピタル・ゲインを狙う投資に比べると、利幅は大きくありませんが、時間や手間をかける必要がないというのもメリットとして選ばれるでしょう。

また、J-REITは物価と連動する性質があるので、インフレ局面で高いパフォーマンスが得られます。株式や債券などに投資をしている方のリスク・ヘッジとしてもREITは有効です。政府は先送りしたもののインフレ率2%を目標としていることもあり、資産の目減りを防ぐ目的でもREITは有用となるでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「Jリート」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tec********さん

2019/10/3110:34:27

不動産株とREITは別のアセット(資産)なので、震災復興とかスキャンダルでまちまちなんでしょう。
私も不動産株はいじりませんが、REITはもっています。賃貸にすんでいるので。

米国欧州の金利が下がって、そのプレミア分が買われた。
地銀、外国勢が買った。
毎月投信の解約が進み売り物が減った。
日銀が買ってくれる。

このあたりが要因と噂されてますね。とはいえ、3.2-3.4%まで買われていますから今後はどうなるんでしょう?って思っていたら、米国金利がまた下がったのでまた上がるかもしれません。

cit********さん

2019/10/3009:59:01

2020年の前半が大きな岐路になると思われます 日銀によるマイナス金利政策に大規模緩和による債券買い入れは効果を出していますが 消費税引き上げによる経済的落ち込みが11月以後はっきりと表れ投資信託からの資金引き上げも出始めると思われます Jリートは2020年の2月ごろが運用の厳しさが出始めると思われます

2019/10/3009:32:05

jリートの配当利回りは株の倍、4%ありますからね。

kai********さん

2019/10/3008:29:31

我が国の10年物日本国債の年利がマイナスで、銀行(特に地銀)や生保が運用難で国債の代わりに分配金利回りの良いJ-REITで運用しているとのウワサがあります。

不動産会社(上場企業:内部保留分があるので利益の一部が配当に回るのみ:配当性向30%ともなると株主に優しいイメージがあるが…)と差は、利益の90%以上を分配金に回すことで運用会社が法人税の支払いの免除を受けるためと考えられます。

日銀が金融緩和政策を続ける限り、世間に出回るお金は余りより金利が高くかつ安全な資産に周る現象は、当面続くのが普通の感覚です。

カリオカさん

2019/10/3006:43:14

日銀が買い支えているからではないですか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる