今川義元や武田勝頼は優秀な戦国大名であったにも関わらず、織田信長に1度敗北したせいで「無能だ」「暗愚だ」と評価されている事があります。

今川義元や武田勝頼は優秀な戦国大名であったにも関わらず、織田信長に1度敗北したせいで「無能だ」「暗愚だ」と評価されている事があります。 それだったら部下の明智光秀の謀反に全く気づかずに嫡男信忠と共にむざむざと討たれた信長もある意味「無能だ」と思うのですが、皆さんとどう思いますか?

日本史129閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

義元や勝頼に対し、「無能だ、暗愚だ」という人は歴史初心者ではないかと思われます。 テレビドラマで表面的な知識にとらわれたままということです。 義元は「東海一の弓取り」と評価されていた当時の一流武将であり、京文化のたしなみもある(そこが公家の格好の軟弱イメージを作ったのだろうが)文武両道に秀でた人物でした。甲相駿同盟の成立など政治力もありました。 桶狭間で義元が敗れたのは義元がアホだったのではなく、信長が上手だったからです。義元を貶すより、その分信長をほめるべきです。 今は義元を単純に暗愚だ無能だという人は少なくなってきているんじゃないでしょうか。 勝頼も同様で、父信玄よりも領地を広げています。決して無能ではなかったと思います。むしろ「強すぎるがうえに滅んでしまった武将」という評価もあります。 やはり、父の代からの重臣たちとの乖離が大きかったのでしょう。信長に滅ぼされたというより、内部分裂で自滅したとは言えまいか。 それで信長も最後でミソを付けましたね。 >明智光秀の謀反に全く気づかずに嫡男信忠と共にむざむざと討たれた信長もある意味「無能だ」と思う まあ、それはそうなんですが、信長が裏切りにあったのは以前にも数回あります。 浅井長政、足利義昭、松永久秀、荒木村重、岩村殿ですね。 でも信長は裏切られてもすぐリカバリーする能力にたけていました。被害を局限し反攻します。 さすがに本能寺ではリカバリーができませんでした。 でも、やはり無能とは言えません。あそこまで勢力を伸ばしてきたのは類まれな才覚あってのこそです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2019/11/6 22:59

その他の回答(4件)

1

どちらも無能とは言えません、運が悪いというのはあるかと思いますが。 どんな武将でも何度かは命の危機はあります、運良く逃れたかどうかですよ。まあちょっとした判断ミスはあるかとは思いますがそれが致命的だったかはそれは後世だから分かる話しで、それを知る感は信長は長けていたかとは思いますが本能寺の場合は是非もなしです。

1人がナイス!しています

2

今川義元が無能であるという評価は、聞いたことがありませんけど。それはともかく、今川義元も武田勝頼も有能であったが、ただ不運としか言いようがありません。 もし無能であれば、代替わりしたとたんに家を傾け、滅亡します。今川氏真なんて、あっというまに滅ぼされましたから。 義元は内政外交に抜かりなく、今川家の領土を最大にしました。桶狭間の戦いは今川家は上り調子の途中に起こった不幸な事故です。 勝頼も、信玄の死という事態にも家中をまとめ、一時は領土の拡大にも成功し、長篠の戦で大敗したにもかかわらず、その後も7年間も家を保ちました。

2人がナイス!しています

0

今川義元は有能です。有能すぎて敵も多かった。 義元が家督を継ぐ前は今川家には少数の子分と多数の弟分がいました。 弟分とは何か。 明智に対する細川幽斉のような立場です。戦場では部下として働くけれど、平時には独立した関係。気に入らなければ袂を分かちます。 義元は力ずくで弟分を自分の子分の支配ピラミッドに押し込み、子分化しました。井伊のように子分化を拒む弟分は領地を奪いました。 これができたのは義元が有能だったからです。ただ、泣きを見た元弟分には恨まれていたと思います。 勝頼についてはわかりません。 ただ親父が偉すぎてプレッシャーはあったはず。 プレッシャーは冷静な判断力を損ないますから、大事なポイントでミスしたかもしれません。