ここから本文です

空中給油機のKCのKの意味はなんですか?

アバター

ID非公開さん

2019/11/901:20:34

空中給油機のKCのKの意味はなんですか?

閲覧数:
27
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

Brewster F2Aさん

2019/11/908:45:50

お調べしたところ…
米空軍のサイトでは、
K stands for Tanker Aircraft Designation (US military, as in KC-10)
と空中給油給油機に割り当てた符号、と連れない事実だけの表示でなぜKが選定されたかの経緯の説明がありません。
アメリカで運営されている知恵袋のようなサイトに個人の投稿がありました。
As for the KC135 or the KC10 airrefueling tankers, the K stands for kerosene which is the Jet A fuel it carries in its belly tanks.
こちらの方はバンデッドさんと同じく、Kerosene、ジェット燃料が灯油系であるということからKを当てた、という説を提唱しています。
しかしながら、米空軍が最初に空中給油機の名称としてKを与えたのはKB-29で、給油を受ける対象となるのは、なんとかしてソ連本土への核爆弾運搬手段を確立させたい戦略空軍(SAC)所属の当時の主力爆撃機B-50、このコンビで世界一周無給油飛行を1949年に行っています。B-50はピストンエンジン搭載機なので、ガソリンの給油を受けたものと思われます。
すごい、こんなのもYouTubeにアップされていました。
https://www.youtube.com/watch?v=OXf1fSiOYPs
Wikiちゃんも立派です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%...
離着陸時や給油時の事故を考えるとガソリンでの空中給油はリスクが高いですが、核兵器の投射手段として、まだミサイルが十分能力がなかったため、またベルリン空輸など東西対立が顕在化してきたため、米空軍は示威行為としてこのB-50による無給油世界一周飛行を強行させたようです。
話しがずれましたが、米空軍最初の空中給油機KB-29がガソリンを積載していたとなるとKはケロシンのK、は当てはまらなくなります。
朝鮮戦争で使用されたKC-97は給油対象機がF-84やB-47など純ジェット機になったので給油用にはケロシンを搭載しましたが、自機がまだピストンエンジン機でしたので、自分の飛行のためにガソリンを積載していたそうです。
総合して考えると、まあ空いているアルファベットでなんとなく油を表す感じがするんでいいんじゃない?くらいのノリだったのではないか、と推測します。

  • Brewster F2Aさん

    2019/11/916:24:26

    kazさんの回答、しっくりこないので調べてみました。
    まず統合軍航空機名称統一が行われたのが1962年だとすると1948年から改修が始まって就役していたガソリン携行のKB-29Mには合致しない。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%81%...
    米軍の空中給油の歴史は1929年にまでさかのぼる。この時代は当然使用燃料はガソリン。実験的な意味合いが大きいので航空機は改称まではされていないが、通称はTankerで呼ばれていて、この名が通り名となっていたようである。空中給油機勤務者も自らをタンカーと呼ぶ。
    このため核投射能力を示すため、なんとしても当時の足の短い戦略爆撃機の無着陸航続距離を延ばす、という国家としての命題(かつ海軍との予算分捕り合戦に勝利するため)達成のため既存B-29の改修が行われ、
    (続く)


  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kaz********さん

2019/11/910:04:33

三軍統合によるTri-Service航空機指定システムは、1962年に米国国防総省が米国軍用機をすべて指定するために導入した統合システムです。

1962 United States Tri-Service aircraft designation system
https://en.wikipedia.org/wiki/1962_United_States_Tri-Service_aircra...

この中で空中給油機の記号について、ケロシンキャリアーとしています。
K: Kerosene Carrier (i.e., tanker)

したがってバンデットさんの回答が正解です。

2019/11/901:58:10

KCのKはKerosene(ケロシン)の略です。
石油の分留成分の1つで、ケロシンを主成分として、灯油・ジェット燃料・ロケット燃料などの石油製品が作られます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる