ここから本文です

97式中戦車についての質問です。 前方から見た時なぜ砲塔の位置が左寄りになって...

gen********さん

2019/11/1023:09:18

97式中戦車についての質問です。
前方から見た時なぜ砲塔の位置が左寄りになっているんですか? わかる方がいらっしゃったら教えてください!

閲覧数:
28
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sgt********さん

2019/11/1118:58:12

軽量化のためです。

同様に95式軽戦車は前方から見て右寄りになっています。

95式軽戦車は操縦室が引っ込んで前方銃が前に出ています。
97式中戦車は操縦室が前に出て前方銃が引っ込んでいます。

そのため95式軽戦車は前方銃側に、97式中戦車は操縦室側に砲塔が偏差し、乗員のスペースが適切になるようにしています。
乗員配置を効率良くし、スペースを切り詰めることで軽量化をしようとした結果の外見となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zhw********さん

2019/11/1106:10:48

乗員を近い位置に乗せるためかと思います。

おそらく、九五式軽戦車で何か問題があったかと思われます。

日本軍では、車載用無線機はありましたが。

九四式四号丙無線機ですと、上下の指揮系統・部隊内の通信で二種類が必要で。
車内のインターカムはありません。


三式で改善される以前は、戦車長から操縦手への指示の伝達が大変で、足で肩を蹴ったなどの逸話があります。

戦車長の手足が届く距離に操縦手が居る必要があります。


ちなみに、チハと採用を争ったチニは、操縦席、機関銃、砲塔が逆に成ってまして。
チニは九五式軽戦車の設計をベースにしたと言いつつ、砲塔を操縦席側にしているのは、何か問題があったからかと思われます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる