ここから本文です

そのうち中東の油田が枯渇して 原油が無くなるという話を 中学の授業で聞いてか...

kok********さん

2019/11/1107:42:16

そのうち中東の油田が枯渇して
原油が無くなるという話を
中学の授業で聞いてから
何十年も経つのだが、

それから需要も供給も増えている
はずなのに、その間そういう話を
一度も聞いた

事がないが、
ホントに原油は無くなるのでござるか?

閲覧数:
388
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2019/11/1108:00:17

大学の時に、教授が自分の学生の頃に石油は、後20年でなくなると言われていたと言っていました。1930年代のことですよ。
そんな昔からずっと言われ続けていたことですよ。
採掘出来る量は、埋蔵量の数割しかありません。
なので、採掘技術が進むと採掘可能量が増えるのですよ。
また、シーエルガスの様に、石油の代わりになる燃料も開発されています。
再生可能エネルギーも進んでいます。
今年のゴールデンウイークには、太陽光発電が過剰で、電力を捨てる事態にまでなりました。
全部の石油を採掘しなくても、採掘コストが高くなり、他のエネルギーが安くなれば、採掘は、止まりますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mam********さん

2019/11/1120:08:21

石油は、毎年新しく採掘出来る量が増えています。

現時点で一番採掘可能な量の半分を採掘している地域は米国だけで、中東ですら未だ埋蔵量の30%程度しか採掘されていません。

政情不安のベネズエラさえも、オリノコ川には未開発の膨大な石油が埋蔵されているので、2~3代先まで余裕で石油は有ります。

石油はマントルから供給されている!って言う眉唾な情報も有りますが。

tatsubouさん

2019/11/1111:18:56

理化学研究所の飯盛里安博士は 1925年にその問題を提起して、将来のエネルギーをどうするかということを論じています。

http://victoriastone.sakura.ne.jp/taiyoko.pdf

2019/11/1109:32:56

昔から、その時点から20年後になくなると言われ続けて来ました。
その時点で発見されなかった油田と技術では、利用できなかった石油があるからです。
今では人類が使うくらい、ほとんど無尽蔵だと言われてます。
しかし、化石燃料なので二酸化炭素を抑える為、無制限に使う訳にも行きません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nip********さん

2019/11/1108:55:00

ああいうのは、石油なり代替エネルギーなりの業界の人間が、恐怖を煽って儲けるための方便だと思っています。当時から今に至るまで、そもそも石油がどうやってできているのかもはっきりしていないのに、残り何十年、とかあてになるはずもない。

cra********さん

2019/11/1108:03:02

結論から言うと無くならない。枯渇すると言っていた時の技術ではコストが合わなくて売り物にならないはずだった資源が石油の値段が上がって商品価値が出たり、技術の進歩で以前より安く商品化できたり予想外の資源が発見されたりで当面は無くならないらしい。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる