ここから本文です

スキーのバッジテスト2級以上を持っている方のみに質問です。 〇 大回り 〇 小回...

アバター

ID非公開さん

2019/11/1820:49:53

スキーのバッジテスト2級以上を持っている方のみに質問です。
〇 大回り
〇 小回り
〇 シュテム・ターン
この3つの中でどれが一番難しかったですか?どれが一番簡単でしたか?

あとそれぞれの受かった点数を教えてください。

閲覧数:
229
回答数:
14
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_f********さん

2019/11/1901:36:42

例として、これをご覧下さいな。d(-.-)
https://www.youtube.com/watch?v=B7C8WMIsgeo

どう思われますか?


この立場の人(ウェアで判る人には判る d(^^;)なのに、この滑り!(-o-;)

シュテムって事は、ズラしの本質が解っていない事には話に成らない訳ですが、その「ズラし」が衆知されていない、後傾で内倒で無理矢理踵を押し出しててもイイと思われてる。。。

そういう風に考えるならば、私も他の方と同じ様に、一番難しいのはシュテムじゃないか、と思ったりするのです。d(^^;)

* * *

ハの字に開いてボーゲンで滑る。
この時に、エッジを立てようとしちゃダメです。
お尻を後ろ目や低めに構えて、股関節でエッジを立てる、効かせてターンする事は出来ると思います。
ズリズリと低速で滑らなきゃって時、楽をしたいばかりに、そうやりがち。
でも、エッジを立てないで、外板外足のズレに、体毎乗り込んで行く。ズレと一緒に落ちて行く。。。
注意すべきは、上体は内傾させない事。
下肢の傾きだけでターン横gに対抗し、上体は斜面と直角を保つ、厳密に。
すると、ズレに乗り込んで行ければ、内足からは体重を支える力が抜けて来る筈です。内足を持ち上げちゃって外足1本で滑ってもバランス取れるし、自由に成るのだから外足にそっと添わせても良い。
これが初期のパラレル、シュテムのメカニズムで、本格的なパラレルへは、外足を開き出すというstep操作から、両足同時操作に成るという技術ポイントが、もう一手要る。。。

ですから、自分からエッジを外してズレに乗り込んで行けるか、というバランス感覚、操作を会得しているか、が着目点だと考えるのです。

こういう絵解き、誰かしてくれるんでしょうかね?(苦笑)
唯「やれ!」って言ったって、どうやればイイんだか皆目解らないですヨ。(苦笑)

大回りは速度に乗るという、勢いを使う事で、何とか成ったりします。
小回りも、アエーデルンなぞと言われたりしますが、ショートなリズムを連続させて行ける様に成ったりもする、体力勝負で良ければ。d(^^;)
しかし、シュテムはどうかなぁ。練習が要る、誰もが本質を知らないって所が、難しさ一番じゃないかと思うんですよねぇ。d(^^;)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

fuj********さん

編集あり2019/11/1909:23:53

1番難しいかったのは
シュテムターン
1番簡単なのは
大回り
【理由】
2級のパラレルターンが合格するレベルの人は普段シュテムターンなんてしません。
どうして今更、わざわざ下手な時代に戻って、下手な時代はこんな滑り方してましたって見せなきゃならないだって気持ちが
シュテムターンを難しい種目にしていると私は思います。

私の時は合格or不合格だけで点数は気にしてませんからわかりません。
だって2級の合格点65点って35回ミスっても合格って事じゃないのですから点数気にしても無駄。

【余談です】
シュテムターンを卒業しパラレルターン小回りがやっと出来た時点ならシュテムターンは1番簡単な種目のはずです。でもその時点では2級の合格レベルではないからシュテムターンは合格でもパラレルターンで不合格になる。
私に言わせればバッジテストはレッスンのおさらい会じゃないのですから2級のシュテムターンは無駄な種目です。
1級種目の横滑りを2級種目とすべきと考えます。

y_s********さん

2019/11/1823:31:42

一番難しいのはシュテム。
大回りは形ができていれば合格します。
小回りは左右一定のリズムで降りてくれば合格します。
しかしシュテムは、本質を理解していないと受かりません。
また、普段練習しないので足を開くことに意識が集中してぎこちなくなります。
シュテムは種目として練習しなければ受かりません。

簡単な種目は一つもありませんが、大回りは合格点が取りやすい。
小回りと違って動きがゆっくりですから、次のターンの準備をする時間がある。

受かったときの点数ははるか昔のことですから覚えていません。
私のときは総合滑降もあり4種目でした。
また、大回りとシュテムは4ターンとターン数が決められていました。
大回りで転倒しましたが合格したことを覚えています。
検定員から「その後の滑りが良かった」と言われました。

hon********さん

2019/11/1900:26:43

すみません。大昔なので種目も違いますが、点数は覚えてません。確か直滑降もあったような?
検定員の立場から言わせていただくと、今の2級は皆さんシュテムが苦手、大回りは簡単のようですが、将来大変になるのは大回りになる事が多いと思います。コブもシュテムと同じ、慣れれば簡単です。大回りの難しさわかってない人が多いですね。これから2級受けるのなら種目にあまりのめり込まず、ポジショニング固めに取り組みましょう。良いポジショニングは一生の財産です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oop********さん

2019/11/1900:33:31

スノーボードから始めた私はシュテム・ターンが一番簡単で次が小回り一番難しかったのが大回りです。
スノーボードやってると両足を左右に同調するのが基本的に無いので難しいのかな。
スノーボードは足の位置が上と下(山側と谷側)なので圧のかけ方が違うと思います。
そんな事で大回りが一番手こずりました。
2級はオール66点合格でした。

nis********さん

2019/11/1904:04:33

昔の事で記憶が定かじゃないですが・・・
2級取得は30年程前、パラレルターン(大回り)・ウエーデルン(小回り)・シュシュテムターン・総合滑走だったような・・・その時オール65位でどの種目が苦手はなかったかな。たしか1年後に1級、パラレルターン・小回り不整地・ステップターン・総合滑走?で初め受けた時はステップターンを練習した事がなく、すごく悪くて他3種目は加点もあったのに落ちて(ちなみにそのスキー場は3人のジャッジの合計点210点が合格で3種目は215点位でステップターンは190点位)、翌週練習して、2週間後に合格、そこからテクニカル合格までの道のりは長くて
25年前位に初めて受けた時はパラレル・ウエーデルン・総合滑走・制限滑走(ポール)でたしか前走のタイムのプラス何秒まで合格とかで制限滑走は優しかった記憶があります。
その時、セーターにデモパンツの方が点数が出るって聞いて真冬にセーターで寒い思いをした苦い思い出が・・・
その時、大回りと制限滑走は75点、他は74点位の記憶が、
それから大怪我したのもあり暫く膝が曲がらなくて・・・・
5年位前から毎年1回受験で去年やっと合格(^-^;
クラウンも1度は受験してみたいけど今の実力じゃ・・・・
今のカービングスキーなら板に乗っていればパラレルできるのでやっぱりしゅてむターンが難しいような気がします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる