食料自給率が100%を超える国というのは、その国が輸入した食料を差し引いても輸出量が多いということでしょうか?

食料自給率が100%を超える国というのは、その国が輸入した食料を差し引いても輸出量が多いということでしょうか?

一般教養18閲覧

ベストアンサー

0

輸出する食料と輸入する食料とでは、食材の種類も違うので、単純に「輸出量が多い」という言い方では、正確ではないですね。 カロリーベース総合食料自給率の話であれば、「輸出食料の総換算カロリーの方が、輸入食料の総換算カロリーよりも多い」というべきでしょう。 輸出用作物として換算カロリーの高い穀物などを大量生産し、たくさん輸出している国が、カロリーベース総合食料自給率では100%を超えていますが、輸出用作物以外は国内生産だけでは賄えないので、食料の輸入もたくさんしています。 輸入している食材が、比較的換算カロリーの低い食材であるため、換算カロリーの貿易収支が黒字であるというだけなんですね。 ただ、穀物などは、換算カロリーは高くても価格は安いので、カロリーベース総合食料自給率では100%を超えているアメリカやフランスなども、生産額ベース総合食料自給率では100%を下回っています。 生産額でみれば、アメリカやフランスも、食料輸入超過なんですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/11/28 12:05