ここから本文です

NHK受信料について。

アバター

ID非公開さん

2019/11/2121:26:46

NHK受信料について。

2011年の6月~2012年の2月まで東京で一人暮らしをした際にNHKと契約を結ばされました。(銀行口座Aから引き落とし)

2012年の3月に実家に戻り、2013年の4月から一人暮らしを始めましたが、そこでNHKと契約させられました。(銀行口座Bから引き落とし)

この時点で無知な私は2011年6月に結んだ契約を解約してません。(恥ずかしい話、引っ越せば自動で解約されると思い込んでました。)


2019年8月、結婚して相手の実家に同居となりました。

引っ越し先に『NHKからの請求書』が来たので解約の手続きをした際に『2つの口座から引き落とされていた』ことが判明。

NHKからは『返金しますから、住所の履歴が分かるモノを送ってください』と言われたので『住民票の付票』を送りました。


戻ってきた額【5240円】でした。。。


無知な私にも責任あると思いますが、全く納得できない金額です…
6年近く二重に支払ってたのに、この金額…

どうにもならないものでしょうか?

閲覧数:
868
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shige1さん

2019/11/2200:35:46

NHKの放送受信契約は、総務大臣が認可した「日本放送協会放送受信規約」
に則った契約になります。
内容は契約書の裏に細かい字でびっしりと書いてあったはずですが、NHK
のHPでも公開されています。https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/compliant_4.html
質問者様の場合、規約第8条第1項
「放送受信契約者が放送局に届け出た氏名または住所を変更したときは、
直ちに、その旨を放送局に届け出なければならない。
受信機設置の場所を変更したときも、同様とする。」
という契約上の義務を怠ったせいで二重契約になった訳ですから、例え
裁判で争っても6年分の受信料を返戻させることは難しいでしょう。
返戻された5240円は、おそらく先払いした分だと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2019/11/22 06:52:45

やはり難しいんですね。

NHK、本当に要らない組織ですね。

「nhk 受信料」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる