ここから本文です

生活保護受給者の引越しについて質問です。 5年前から双極性障害と発達障害で生...

yam********さん

2019/11/2402:23:05

生活保護受給者の引越しについて質問です。

5年前から双極性障害と発達障害で生活保護を受けています。

役所の方から出向いていただき、早く保護を受けるようにと言われて今の住居に住んでいるのですが…

精神障がい者

に部屋を貸してくれるような所は滅多になく、
不動産会社のお情けで欠陥住宅に住むことになりました。

部屋が大きく傾いているため、長時間居ると具合が悪くなる
トイレのドアが開かないことがあり、失禁した事がある
浴室のドアが錆びていて閉じ込められた

ゆっくりと休養を取るようにと言われているのに、これでは無理です。
病状が悪化し、今年から精神障がい者手帳2級になりました。

昨日、母とすっかり仲のよくなった不動産会社の社長におもいきって引っ越したいと相談したら、あなたが迷惑かけないのはわかってますよ、とすんなりOKの返事を貰いました。
今住んでいる住居は解約という話になり、
役所の担当者の名前を聞かれました。

土日という事もあり、ケースワーカーには引越しのことはまだ話していません。月曜日の朝一に相談するつもりです。

引越し先の家賃は住宅扶助内に納まっていますが、
今より月7000円UPです。

今の状況で引越しは可能でしょうか?
ケースワーカーには現状を切実に訴えるつもりです。

もし無理なら、打開策を教えていただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

閲覧数:
44
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/12/102:51:24

失礼します<(_ _)>

引越しは可能ですよ。
安心して下さい。


ただ引越しする所は市内(区内)に限られたと思います。
何らかの事情があれば市外(区外)でも大丈夫な場合はあると思いますが、
市内(区内)だと今住んでる管轄内なのでスムーズに行くと思います。

保護費は住宅手当と生活扶助で分かれてますが、
お家賃の額は住宅手当の範囲内でしょうか?

賃貸アパートだとお家賃以外にプラス管理費が付く物件がありますが、
住宅手当は「家賃」だけで管理費は含まれておりません。

もしお家賃以外に管理費みたいなのがあったら不動産の方で管理費も「家賃」に含ませるように言ってください。
もしそれで住宅手当の金額がオーバーになったら
そのオーバー分は自費(生活扶助)から支払わないとなりません。



引っ越す場所、家賃共に原則の範囲内でしたら手続きに余計な時間はかからないハズです。

ワーカーには、建物自体が不安定で落ち着かない(症状も悪化した)事を伝えて下さい。
転居に伴う引越し代金などは出してくれますが、最低限の額なので高い引越し業者を頼まないよう気を付けて下さいね。


環境はとても大事です。

早く落ち着けるお家に移れることを願います(^ω^)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fri********さん

2019/11/2518:55:23

賃貸契約の際に 敢えて ご自分の疾患を述べる必要はないと思いますよ。

罹患歴を申告義務とする賃貸契約など少ないですし。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/11/2408:56:00

その家を見てみないことにはわかりませんが、
このケースでは、
引越し費用が出る条件として、医師の意見があり、引っ越ししなければ病状が悪化する。または引っ越しにより病状が改善できる場合引っ越しが認められます。

あとは、その住居が住み始めた頃よりかなり劣悪な状態であった場合、福祉事務所が引っ越しは妥当とする場合がありますが、これもその自治体の慣例に習うものですから、どうかと言うのは、ここでは言えません。

まず、ケースワーカーに話さなければ前に進まないですから、話し合って下さい。

mit********さん

2019/11/2405:11:57

現時点では解りません。
「欠陥住宅」という証明は、かなり難しく、具体的に、建築基準法等に違反している箇所の明示が必要で、それが法律違反だと言う証明も必要に成りますから。
(行政が転居扶助を支給するには、明確な理由が必要で、居住者本人の都合のみで認められる事は、ほぼ100%無い)

また、賃貸住宅に欠陥が有った場合、賃貸契約では、大家側の瑕疵事項に成りますから、大家負担で転居が行われる事が一般的で、その場合、行政が転居費用を負担する事は有りません。

「不動産会社のお情けで欠陥住宅に住むことになりました」
→家は建築基準法を元に建てられ、完成時、行政の検査が行われ、初めて居住可能に成ります。
つまり、賃貸契約では「欠陥が無い」として契約されているハズで、経年劣化で違法状態に成ったのなら、それは大家側の責任と成り、引っ越し費用は大家が負担すると、賃貸契約書に明記されているハズです。
(賃貸契約書に契約時の瑕疵状態が明記されていなければ、法律的に大家の責任を問われる事に成る)

また、不動産屋が欠陥を知りつつ、賃貸契約書に明記せず、賃貸契約をしたのなら、それは、宅建業法辺りにも抵触している可能性も有り、下手をすると、宅地建物取引の資格を一定期間、停止され、業務が出来なく成る可能性も有ります。

「今の状況で引越しは可能でしょうか?」
→引越し自体は、行政に制限出来ませんが、行政が、引っ越し費用を負担する事は無いと思いますよ。
(状況を考慮して、若干の扶助が出れば良い方だと予想されます)

その意味では、転居については、事前に行政に報告しておいた方が良いでしょうが、報告した処で、行政が転居費用を支給する事は無いと思いますよ。
(下手に賃貸契約の経緯を役所に説明すると、ちょっと面倒な事に成るかも)

「打開策」
→賃貸契約更新時に、住宅扶助限度額以上の賃料に成る様に、賃料を調整してもらい、行政から転居指導を受ける。

har********さん

2019/11/2403:02:54

ケースワーカーに 相談しましょう 引っ越し費用なども
支給されると
思います

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる