ここから本文です

傅玄『弾棊賦』は何に載っているのでしょうか。

soc********さん

2019/11/2722:40:50

傅玄『弾棊賦』は何に載っているのでしょうか。

閲覧数:
1
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

elx********さん

2019/11/2801:16:13

検索したところ、『弾棊賦』の序文の一部のみ『世説新語』と『太平御覧』に引用される形で残されていますが、それ以外は確認できませんでした。

大元の『弾棊賦』は、おそらく傅玄の文集に収録されていた可能性が高いと思われますが、これは完全に散佚してしまって現存しておりません。『隋書』経籍志によれば、文集は元々全50巻本だったものが、『隋書』が編纂された唐の時代には15巻しか残っていなかったので、早い段階で多くが失われたようです。

参考:
『世説新語』下巻上「巧蓺」※括弧内は注釈
彈棊始自魏宮内,用妝奩戲。(傅玄『彈棋賦敘』曰:「漢成帝好蹴踘,劉向以謂勞人體,竭人力,非至尊所宜御。乃因其體作彈棋。今觀其道,蹴踘道也。」按玄此言,則彈棋之戲,其來久矣。且『梁冀傳』云:「冀善彈棋,格五。」而此云起魏世,謬矣。)
https://zh.wikisource.org/wiki/%E4%B8%96%E8%AA%AA%E6%96%B0%E8%AA%9E...

『太平御覧』755巻「彈碁」
晉傅玄『彈棋賦序』曰:漢武帝好蹴鞠。劉向以為蹴鞠勞人體,竭人力,非至尊所宜,乃因其體而作彈棋以解之。
https://zh.wikisource.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E5%BE%A1%E8%A6%BD...

なお、現存史料で部分的に残されている傅玄の文章は、清代に成立した『全晋文』等に蒐集されているので、これらを利用して検索することもできます。
https://zh.wikisource.org/wiki/%E5%85%A8%E6%99%89%E6%96%87/%E5%8D%B...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる