ここから本文です

車と徒歩の交通事故で、徒歩が100%悪い場合、大ケガをしても徒歩側が慰謝料や修理...

アバター

ID非公開さん

2019/11/2904:45:27

車と徒歩の交通事故で、徒歩が100%悪い場合、大ケガをしても徒歩側が慰謝料や修理代を全部払うんですか?

閲覧数:
50
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ja4********さん

2019/11/2918:26:25

過失割合が100%と判断されればそうなります。
ただし、自動車の運転者が怪我をしなければ慰謝料は発生しませんから、損害額(修理代+代車費用など)のみ支払うことになります。

*map********さんも指摘されていますが、自賠責は過失割合100%未満(100%は含まない)の場合に適用されますので過失割合100%では適用されません。
ただし、現実的には歩行者対車で100:0になる事故のケースは稀だと思いますが・・・。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yyc********さん

2019/11/2912:36:53

100%悪いならそうなりますね。ただ車対歩行者の事故なら歩行者が100%悪い状況は止まった車にぶつかったくらいしか考えられないですね。もしくは当たり屋、自殺など故意にした場合か、ただその場合故意ですから交通事故ではないですが。

osa********さん

2019/11/2912:16:59

徒歩が100%悪い場合はない
人が立ち入れないはずのたとえ高速道路上の歩行であっても

nan********さん

2019/11/2912:10:10

スマホ見ながら、非のない駐車車両にぶつかったなんて場合かな。
勿論 徒歩側が100%償いますが、物損には慰謝料の概念が無いので車両修理代や代車代だけ。

2019/11/2911:47:58

100%悪いとは?
飛び出し赤信号を渡った?
それでも過失100%には成りません
慰謝料とは怪我や死亡の時だけで
物損には慰謝料と言う概念は存在致しません

map********さん

2019/11/2910:52:10

当たり前でしょ。

停めてあった車のフロントガラスを素手でたたき割って、手をケガした治療費を払え、ガラスの修理代は払わない、と言っているのと同じですよ。

過失割合の意味を正しく理解してください。損害の程度ではなく、その事故が起きた過失分について、その責任をとれという事ですから。

>mat********さん

の回答はどうなんですかね。
自賠責は、過失が7割を超えたら割合に応じ減額されますが、減額されるのは10割未満までで、全面過失の場合は自賠責は対応しないはずですが。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる