ワンストップ特例申請書について

ワンストップ特例申請書について 昨年(平成30年度)の年末に泉佐野市にふるさと納税をしたのですが、返送してきたワンストップ特例申請書を出し忘れ、その事につい先程気が付きました。。。 更生の請求は5年前まで登って確定申告できるとのことですが、泉佐野市は国といろいろ揉めていたので、該当しますか? ふるさと納税した年度は平成30年度なので、除外される前ではありますが。。。 どなたか教えてください!

税金 | 税金、年金150閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

「ワンストップ特例の申請書を出し忘れたいた」と言う事は、H30年分の確定申告をしなかったち言うことですか。 確定申告をしていなければ、更正の請求でなく普通のH30年分の確定申告になります。「寄附金受領証明書」の日付がH30年になっていれば差し支えないでしょう。

その他の回答(2件)

0

ワンストップ特例申請書の提出期限は過ぎているので、もう提出できないですが、平成30年の所得税の確定申告(還付申告)をすることで、控除の適用を受けることは可能です。 除外される前に寄付した分なので、大丈夫ですよ。

0

泉佐野市へのふるさと納税の寄附受付は、令和元年5月31日22時44分をもって終了致しました。 6月1日から始まる新制度において、泉佐野市が除外されることが5月15日に総務省により告示されました。 それ以前のふるさと納税の控除は有効と考えますので 更正の申告をなさってください。 安心のため 更正の申告前に税務署へ電話でお問い合わせされることを お勧めします。