ここから本文です

本支店会計の期首商品に含まれる内部利益について教えて下さい。

アバター

ID非公開さん

2019/11/3014:54:20

本支店会計の期首商品に含まれる内部利益について教えて下さい。

期首に、
繰延内部利益××/繰延内部利益戻入××

と言う仕訳をしますが、この仕訳の意味は「前期に控除した内部利益を復活させる」と言うことで合っていますでしょうか?

閲覧数:
37
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tri********さん

2019/11/3015:08:09

通常、期首に、
繰延内部利益××/繰延内部利益戻入××
という仕訳をおこなうなどといったテキストは見たことがありません。
というのも、後T/Bに表示されている繰延内分利益勘定は、期首商品に含まれる内部利益をあらわすことが重要な論点となるからで、通常のテキストや専門書では、後T/Bを作成した後に繰延内部利益勘定の洗替えが行われるとなっています。
前期末の帳簿締切上は、残高勘定に期末商品に含まれる内部利益の額を示す繰延内部利益勘定が、残ったまま、翌期に繰り越されます(大陸式簿記法)。

  • tri********さん

    2019/11/3018:12:01

    少し詳しい参考書や予備校系のテキストには、記されていると思いますが。
    <支店>
    諸収益/損益
    損益/諸費用
    諸収益>諸費用
    損益/本店※

    <本店>
    諸収益/損益
    損益/諸費用
    諸収益>諸費用
    損益/総合損益
    支店/総合損益※

    繰延内部利益/内部利益戻入
    内部利益控除/繰延内部利益

    内部利益戻入/総合損益
    総合損益/内部利益控除
    総合損益/法人税等
    総合損益/繰越利益剰余金⇒B/S項目(残高勘定)

    という具合です。上の仕訳は、後T/B作成後の決算振替仕訳からのものですので、後T/Bに記された繰延内部利益勘定残高は、期首商品に含まれる内部利益をあらわすということになります。
    なお、本社が外部から仕入れた商品にいくらかの利益を付して支店にそうするする場合、本店側に繰延内部利益勘定をおきますが、帳簿締切上、本店の残高勘定に繰延内部利益勘定の残高は、残ったまま、翌期に繰り越されることとなります。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/11/3017:01:40

期首に、
繰延内部利益××/繰延内部利益戻入××

と言う仕訳をしますが、この仕訳の意味は「前期に控除した内部利益を復活させる」と言うことで合っていますでしょうか?

⇒その通りです。

前期末に

繰延内部利益控除××/繰延内部利益××

という仕訳を切っているので、
控除した未実現利益を復活させてあげる必要があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる