ここから本文です

感電のしくみについての質問です。 図のように漏電した場合、大地を通って柱上...

ksa********さん

2019/11/3019:51:40

感電のしくみについての質問です。

図のように漏電した場合、大地を通って柱上トランスのアース線に戻るとの解説がありました。

そこで、疑問に思ったのですが

①電化製品のアース線(もしくは人体)を通って大地を通る漏電は、なぜ、柱上トランスのアース線に必ず戻れるのでしょうか?(画像の、この部分のところ)

大地には、物理的な漏電の通り道(電線など)が引かれているわけではないですよね?例えば、この画像の例でいえば、近くに他の柱上トランスのアース線があったら、そちらに流れてしまうことはないのでしょうか?

②柱上トランスのアース線を通った漏電は、この後どうなりますか?(どこに行きますか?)

③この柱上トランスのアース線は、変圧時、二次側に高圧電流が流れ込むのを防ぐためとのことですが、この時の漏電?の行き先(流れるルート)は、どうなりますか?


あまり理解できないので、わかりやすく教えていただけたら幸いです。
電気のことをほとんど知らない素人なので、おかしな記述があるかもしれませんが、
その旨ご了承下さい。

柱上トランス,漏電,アース線,大地,高圧電流,電気抵抗,アース

閲覧数:
61
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/12/310:14:19

地面は水分が含まれているため、電気抵抗はかなり
低い様です。
所が、場所によっては石ころだらけだったりして
電気抵抗が低いとは限りません。
この様な場所では電気抵抗の低くなる層まで接地棒
を打ち込みます。
(場合によっては数m掘り起こします。)

乾燥期になると抵抗が高くなり、管理者の心配の
もとになります。
通常は、アースさえしっかり取れていれば人間の抵
抗は5kΩ位あり、並列に抵抗の低い方に電気は流れ
るので人体には余り流れません。

そして、少し言い方は悪いのですが、電気的には
10A程度の漏電があっても何ら問題はありません。
従って、この場合は過電流でブレーカーは落ちませ
ん。

問題は、人体の感電です。万が一人体に30mA以上
流れると死に至る可能性があります。
従って、通常はアースの他に漏電ブレーカーを付け
て少しでも漏電した場合は遮断させます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる