ここから本文です

明智光秀の本能寺の変の動機は、最近では何が一番有力なのですか? この研究は進...

ユーリさん

2019/12/102:46:03

明智光秀の本能寺の変の動機は、最近では何が一番有力なのですか?
この研究は進んでるのでしょうか?
四国の長曾我部が関係している説とか聞きましたけど、有力なのですか?

閲覧数:
836
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

one********さん

2019/12/107:59:12

相変らず、歴史学者・歴史研究家諸氏は自説を主張され続けています。

それには呆れてしまいます。

「信長非道阻止説」を主張される小和田哲男氏などは、自説に不利な丹波八上城攻め時の書状を正しく紹介・説明すらされません。

「室町幕府再興説」の藤田達生氏も情けない限りです。

四国説も矛盾があります。

藤田達生氏は、「長宗我部氏が信長から四国切取り次第の朱印状と、嫡男・信親の諱拝領の朱印状を天正3年」とされていました。

そして、それを市販されている著作の中ではなく、一般の人間が目にすることが出来ない論文の中で訂正されたのです。

四国切取り次第の朱印状は現在では、その写しさえ見つかってはいません。

ところが、後者の嫡男・信親の諱拝領の朱印状はその写しが見つかっていました。

『織田信長文書の研究』文書番号573号がそれです。

そして、『石谷家文書』の天正6(1578)年12月16日付石谷頼辰宛長宗我部元親書状に嫡男・信親の諱拝領のことが書かれていたのです。

その為、藤田達生氏は嫡男・信親の諱拝領を天正6年に変更されました。

これが、著名な大学の先生で歴史学者さんが行われていることです。

では、「長宗我部氏が信長から四国切取り次第の朱印状」は何処から来たのでしょうか!?

それは、高柳光寿著『明智光秀』に拠ります。

藤田達生氏は先行研究結果から説明されていたのです。

そして、「長宗我部氏が信長から四国切取り次第の朱印状と、嫡男・信親の諱拝領の朱印状」の根拠は、『元親記』『土佐物語』等の史料の記述ということになります。

これらの長宗我部氏寄りの史料を使用したら、長宗我部氏に有利な記述しかないのではと考えられなかったのでしょうか!?

「長宗我部氏が信長から四国切取り次第の朱印状」を補完する史料が、現状では見つかってはいないのですから、あくまでも可能性になります。

  • one********さん

    2019/12/215:13:47

    私は、歴史学者では平山優氏が好きです。

    平山氏の場合、現時点で確認されている史料で説明された後、「記して後考を待ちたいと思う。」と書かれます。

    実に、清々しいですよね!

    だって、現時点では本当に分からない訳ですから、それを自称・明智光秀の子孫さんのように、蓋然性が高いからと言って無理やり断定されたりはしません。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2019/12/615:36:52

はじめまして。

ごちゃごちゃして来た時は、初心に帰り、シンプルに事実を見つめてみれば良いと思います。
・本能寺の変当時、京都の信長本陣周囲に居た実戦部隊は
明智隊、丹羽隊(大阪)
のみでした。つまり、火急の報を受け、救援に駆け付ける部隊が居ない。
・丹羽隊には、謀反を起こす動機が殆ど無い。
・明智隊は、そもそも指揮官が(朝倉氏の食客)外様だった。戦国武将の本懐”下克上”が渦巻いても不思議ではない。
・総大将の首を取り、朝廷を抑え、信長に反感を持っている武将と連携すれば、反撃してくる部隊は各個撃破で潰せる。

こう考えると、すっきりしませんか?
秀吉が朝廷と組んで云々・・・と言う説もありますが、山崎の合戦で秀吉が敗れる可能性もある訳で・・・
そんな面倒な手法は採らないでしょう。
もしそうだとしたら、変の後、何故か反感を持った家臣に光秀が”暗殺”され、明智家一同が秀吉に恭順・・・とした方が合理的でしょうし。
天下平定には、一兵でも惜しい時期ですからね。

家康の伊賀越えも、当然の行動だと思います。
敵味方不明の勢力が入り混じる混乱した土地を、当時の権力者が白昼、堂々と歩くわけにはいきませんし・・・

朝廷関与説にしても、もし内通者が居れば計画は信長の耳の入り、苛烈な処罰が待っている事は先刻承知でしょう。
そのリスクを採ってまで実行しようとするか・・・?
信長の政策に反感を持つ公家衆にしても、彼を潰して新たな混乱を生み出すよりは、利用して自身の保身を図った方が得策ではないでしょうか?

何事も、素直な視点で考えれてみれば、色々と面白いと思います。
失礼します。

bir********さん

2019/12/108:27:34

日本史には何とかの変て名の事件が
幾つか、あります。何とかの変は
必ずしも全部が謀反では無い。
桜田門外の変は謀反では無い。
本能寺の変は、謀反で無いとすれば
動機は、なるほど謎だろうが
本能寺の変が謀反だと断定すれば
動機は明白で唯一無二のもの
明智が織田を倒して織田に取って
代ろうとしたからと言えます。
本能寺の変は明智光秀が
冷静な精神状況で謀反を決行か
乱心して自殺行為のように
主君、織田信長を軍事攻撃し
討ったのか、どちらか断定でき
ないので動機に諸説が乱立する
温床なのです。
織田信長、織田信忠を討った後、
さらに大坂に居る信長の息子、
織田信孝を何故、急襲しなかった
のか。明智に敵する織田家中の
諸勢力は織田信孝を担ごうと
するのは素人でも判ることを
明智が度外視したのは
明智光秀が正常な精神状態では
無く判断力が劣化していた
所作に他なりません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/12/103:15:07

一周回って、元に戻り、シンプルに野心単独犯行説が、
今は最有力でしょう。
後の秀吉の大返しや、家康の伊賀越え脱出行の成功を、
知っている後世の人間は、もっと光秀の犯行に裏があったように、
疑ってしまいますが、秀吉や家康には偶然の幸運が重なり、
光秀は本能寺襲撃で運を使い果たしただけ、と割り切ったほうが、
事件がすっきり整理できると、皆が気付き始めたのです。

信長の驕りによる油断を、光秀が逃すことなく襲撃し、
見事成功しますが、その後は思ったように事が上手く運ばず、
常識では考えられないスピードで戻ってきた秀吉の、
噛ませ犬になってしまったのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる