ここから本文です

投票受付終了まであと2日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

本業は工場勤務で年収200万で、 副業で鍼灸の出張サービス施術で、 出張...

dfx********さん

2019/12/116:39:11

本業は工場勤務で年収200万で、

副業で鍼灸の出張サービス施術で、

出張費用1000円と施術費用保険外で3000円で合計4000円を得た場合の税金ですが、

住民税の10%のみ取られるということで聞き、400円もッてかれて、副業での利益が3600円になると聞いたのですが、

しかし必要経費を加味すれば多少変わるとも記載があッたのですが、

まあはり代で、1300円、皮膚を消毒する液で500円、消毒液をしみこませる綿で700円で、施術で使いそうな経費は2500円ですが、

出張で行く車両経費ガソリン代などは、必要経費に計上できないのでしょうかね・・?
オイル交換費用などのれば、すると思いますし・・・。

あくまで施術に必要なもののみ必要経費でしょうかね・・・?


で、仮にそうだとすると2500円の必要経費に計上できたなかで4000円利益だと住民税いくらひかれるのでしょうかね・・?

ひ4000-2500=1500としたら150円引かれるとか4000円の利益に・・?

閲覧数:
28
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

ate********さん

2019/12/808:07:55

まず年間何件の施術が発生するか、いくらの売上が立つかで全然違ってきます。

副業で20万円以内なら、申告の義務も発生しません。(してもよい)
20万を超えるなら必ず申告してください。

経費ですが、施術にかかる基材は全て計上できます。

ガソリン代、オイル交換代、ひいては車検代も経費にできます。個人使用と共用なら、パーセンテージを決めて経費計上できます。(私は家族用と業務用の車を分けています)

ここまで経費について書きましたが、そもそも青色申告するなら、最初から経費として65万円が経費として計上できます。

なので売上が、65万円ブラス実際にかかった経費を超えないのであれば結果的には課税されません。

こういった知識がない場合、自力で事業していくのは難しいと思いますので、「個人事業の始め方」のような本で勉強することをオススメします。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる