ここから本文です

子ども向けの「お金の教育について」の本で、何かオススメがありますか?

アバター

ID非公開さん

2019/12/320:44:10

子ども向けの「お金の教育について」の本で、何かオススメがありますか?

年長男児が、最近お金について興味が高くなってきました。来年の春から新1年生なので、お小遣い制度を始めてみようかなと考え中です。

何かオススメ本があれば教えてください。

閲覧数:
18
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2019/12/320:55:36

一生役立つお金のしつけ

図書館で借りて読みましたが、読みやすくて具体的でちょっと先まで見通せる内容でよかったですよ

  • shi********さん

    2019/12/408:02:38

    あ、お子さんが読む用ですか(^^;)

    お買い物ごっこで十分かと思いますが
    学研のワークで「おかね」というのがありますよ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/12/8 07:36:17

お二方ともありがとうございまし。参考にさせていただきます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zoo********さん

2019/12/401:28:14

本より実践のが身に付きますよ。

以前ネット記事で読んだのですが、小一のお子さんがお父さんの勧めでお小遣いを前借りし家庭内コーヒー屋を企業、コーヒー豆を仕入れ、原価を考えてきちんと儲けを出すよう値段設定をし両親に販売、儲けが出たらそれを元手にさらに仕入れと事業拡大(メニューを増やす)などしてお金をつかい、お金を得ることを実践したというのがありました。

うち(年長)ではお手伝いに対しての報酬としてお金をあげてるのですが、例えば地域のお祭りの出店で遊ぶ場合、「○円までは出してあげるけど、足りない分は自分のお金を使って遊びなさい」と言います。
そうすると「自分のお金使わなきゃいけないなら別にやらなくてもいいや」というのが出てくるんです。
その物事が金額に見合う価値はあるのか、ということを考えてくれるようになりました。

また、お手伝いで報酬を渡すのには「家事は価値あるもの」ということを理解してもらう狙いがあります。
仕事として行えば報酬をもらえるような労働であり、だからこそそれを無償でやってくれるパパやママ(これは自分のことを言うと恩着せがましくなるので相手のことを言うようにしました)に感謝するんだよ、当たり前のように思ってはダメだよ、ということを伝えています。

ちなみに、お金渡しても無くすことがあったので必要時以外は私が「おうちぎんこう」として預かることにしました。
100均で出納帳買ってきて、それを通帳がわりにしてます。

お手伝い報酬制にしてからお金の価値観が身に付き、品物の金額を「これは1500円。千円札が一枚に500円玉一つ分だよ」などと言うと「そんなにするの…!?」と自分では手の届かない品をむやみやたらと欲しがることがなくなりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる