ここから本文です

退職時の有給休暇の消化について詳しい方がいれば教えてください。 11月末に上司...

bry********さん

2019/12/414:27:22

退職時の有給休暇の消化について詳しい方がいれば教えてください。
11月末に上司に12月31日での退職の意志を伝えました。
退職願は受理していただきました。
有給が14日残っているのですが、

12月忙しくて取らせられないとのことでした。
1月なら有給使っても大丈夫だと言われたのですが、有給と公休と合わせてもとれる休みが22日分で、残り9日間を出勤して欲しいと言われました。
次の仕事が1月6日スタートなので、出勤するのは無理です。
退職が年末なのに年始に出勤しなくてはいけないのでしょうか?
有給は諦めた方が無難でしょうか?

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
371
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kotoさん

2019/12/414:46:47

上司の言い分としては、辞めるのは構わないが、有給休暇を1月にとって、1月末退職にしろというのと同義です。
有給休暇は退職後には遣えません。

では、12月取得が可能かですが、法的に厳密にいってしまえば可能です。
有給休暇はロウドウシャノ権利であり、理由を問わずにつかえます。使用者は時季変更件といって、「その時季に有給休暇をとられたら、事業が成り立たない」場合だけ他の時季にずらしてもらう権利を有しています。今回のように、毎年年末は忙しいとか、例え慢性的な人手不足とかなら時季変更件はつかえません。まして、退職時期が決まっている労働者に対しては遣えません。
仮に上司のなかで退職日の同意がなくても、無期雇用労働者なら14日以上前に辞意を示しているので12末退職も可能です。

ここはMtj

  • kotoさん

    2019/12/414:49:54

    ごめんなさい。続きです。
    交渉相手を変えましょう。
    社内の人事労務部署に確認してください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/12/4 18:49:24

皆様、丁寧な説明とアドバイスありがとうございました。
アドバイスを読んで勇気と知識をいただきました。
最後くらいはビシッと言ってみようかとおもいます。
全ての方にベストアンサーを差し上げたいのですが、選ばなくてはいけないので、kotoさまにさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nya********さん

2019/12/415:01:18

退職表明受理なら、有給休暇の残処理に時季変更権行使は、不可能です。
年末だろうと年始だろうと、退職予定者に時季を変更しろなんて権限はありません。
予定通り休暇と会社休日を組み入れて連休してください。
年次有給休暇とはそういうシステムです。
時季変更権行使は、この時期は多忙が予想されるからこの時期に変更してくれないかと、会社側が懇願する制度です。

で、貴殿は何時に変更してくれと言われたんですか?
12/31 退職者に何時にしてくれと言われたんですか

ごちゃごちゃいうなら労基署から労働基準監督官に来て貰いましょう。
賃金支払いを行わなかったら労働審判に申し立てましょう。

どうしても出勤だったら買い上げてもらいます。
定額じゃなく買い上げは通常賃金の倍額を提示したっていいんですよ。

mil********さん

2019/12/414:48:18

退職前提の有給は必ず取らせなければいけません。
双方が了承すれば、残った有給を買い取るという方法も認められています。
しかし、残り14日の有給を全て使用して退職しようと考えていたのなら、
1ヵ月前に退職の意思を伝えるのは遅すぎますね。
まぁ12末退職で了承した上司の責任ですけど。

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2019/12/414:45:12

普通の会社は取らせてくれます。

次に一般的な退職ルールを掲載します。参考に。
「退職届」を出しましょう。(「退職願」では有りません。)
それをしないと引き延ばしに遭います。
「退職届」の作成日は退職を意思表示された次の日位が妥当です。
提出日は 月 日とします。
退職日は 月 日とします。(あなた自身が決めます。)
正社員等契約期間に定めが無い人は、退職日の2週間前までに意思表示するか、「退職届」を出せば法的に問題有りません。
内規(就業規則等)で定め(例 1カ月前)が有る場合が有ります。トラブル防止の為に確認は必要で出来る限り従いましょう。
退職理由は「一身上の都合により・・・」で構いません。
年次有給休暇が残って居る場合(使用可なら)は退職日から遡って実質退職日を算定して下さい。退職日(有休最終日)に退職手続きをして終了です。

次のURLは厚労省のHPです。そちらで相談してください。
https://www.mhlw.go.jp/index.html
HPは「テーマ別に探す」→「雇用・労働」→「相談窓口等」→「相談窓口を探す」→「労働条件」→「総合労働相談コーナー」→「連絡先(別URL)」で全国の相談先が探せます。

会社(上司)に然るべき所(労働局)に相談しますと告げてからの相談とします。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる