ここから本文です

山岳部が医者やインテリが多いイメージあるのは何故ですか?

アバター

ID非公開さん

2019/12/907:19:10

山岳部が医者やインテリが多いイメージあるのは何故ですか?

閲覧数:
184
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pan********さん

2019/12/920:40:39

昔から人間は狩猟採集のために山には登っていたのだけどね。つまり生きていくために必要だから。頂上に立つとか、より困難を求めてという「遊び」は、生活にゆとりが生まれ、遊びが許される時代になって可能になったこと。とはいえ、ゆとりある生活なんて一部の特権階級にしかなく、スポーツアルピニズムは、発祥の地である欧州でも貴族の道楽だったのだ。

明治維新以後、公家や大名の末裔たちが爵位をもらい、子弟たちは見聞を広めるため欧州に行くようになった。そこでスポーツアルピニズムに出会い、持ち帰ることになる。医者、法律家、学者、実業家に登山家が多かったのはそのためだ。大正時代の中等教育進学率は10~20%、今の大学生よりずっと少数精鋭のエリートだったわけ。インテリというか、おっとりというか、そういう家庭の子が山岳部で山登りをしていたってことだ。

敗戦、そして高度経済成長。労働者も登山を始めた。当時、遊びとしては比較的安上がりだったからだろう。中にはガラの悪いのもいた。私が登山を始めた時期は、そうした人たちがまだ少し残っていたけれど、じきに姿を消した。遊びの選択肢が増えたことと、だんだん登山も金のかかる遊びに変容していったからだと思う。

ガラが悪いと書いたが、誤解しないでほしい。下町のべらんめえ調だが下品ではなかった。喧嘩っ早いやつもいたが、相手かまわず暴力を振るうわけでもなかった。彼らは彼らなりに、登山技術書や案内書を、それこそすり切れるくらい読んでいた。小西政継が中学しか出ていないと聞いたら驚くだろう。彼の書く文章、たたみかけるようなテンポの良さ、実にみごとだ。

ネット時代になって本を読まない者が増えたように思う。登山の世界とて同じだ。だからいろいろな人間がいる。インテリも、そうでないのも。インテリと学歴・職業が結びつくかどうかも疑わしいが、ま、そんな時代だということなのだろう。

  • pan********さん

    2019/12/1022:04:46

    tie**さんに補足すると、
    真の貴族社会は英国だけだったと言うことなのだよね。
    働かなくても資産の上がりで食っていける。
    それが階級社会だから。善悪は別として…。
    イタリアとかでは爵位は金で買えたし。
    アルパインクラブなるものをつくり、スイス人の
    ガイドを雇ってアルプス登山。
    未踏の難峰の初登頂を目指す黄金時代(Golden Age)。
    マッターホルン登頂で一段落すると、その後はより困難な
    新ルートからの挑戦、銀の時代(Silver Age)へ。
    さらに鉄の時代の到来。
    さて、今は何の時代かな?

    英国も、20世紀半ばになると労働者階級がクライミングに
    進出してきた。ジョー・ブラウンとかはその英雄だな。
    相変わらずヒマラヤ行きは貴族が多かったけれど、
    ジョー・ブラウンはカンチェンジュンガやムスターグ・
    タワーに登っている。
    ドゥーガル・ハストンはその次の世代のスターだった。
    二人がウェリッシュ、スコッツということも無関係では
    ないだろう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chy********さん

2019/12/1602:56:21

そんなイメージはありませんが、山で見かけた山岳サークルの大学生は比較的有名大学でした。何しろワセダとか神戸女学院とかユニフォームに名が入っていますからね。

医者はともかく、インテリは多いと思います。なぜなら山小屋で話がはずむ人は割と物知りで、色々なことに詳しいですから。将来そのような方になりそうな大学生が山岳部員であっても不思議はありません。

年輩の登山者には山の事でも経験豊かでさすがという方が多いです。

そこには知性を感じます。話をしていても楽しい。
私自身もちょっとインテリなのかもしれませんが、波長が合う気が致します。

それと、登山のルートやアクセス、リスク対策などを考えるのは登山のもう一つの楽しみでもあり、私は知的満足感を満たしてくれる趣味と思います。そして脚力や体力も必要で、登山の行動自体が文武両道なんですね。

だから山岳部もそういう人たちの若い集団なのでしょう。

匿名さん

2019/12/921:24:14

明治・大正・昭和初期の話ですね。
遭難したら家が潰れると同じ。
昔の話しが今も語り継がれているだけ。

近代登山黎明期、登山は金持ちボンボン(エリート)の道楽だっただけ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hay********さん

2019/12/912:57:16

何だその話?

聞いた事ないゾ!

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/12/911:35:02

幻想です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mea********さん

2019/12/907:45:38

今も山岳部は頭がいい人が多いから ですかね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる