ここから本文です

楽器を買うとき、「選定通すと十万くらい安くなりますよ」とホルンの先生から言わ...

アバター

ID非公開さん

2019/12/1008:54:38

楽器を買うとき、「選定通すと十万くらい安くなりますよ」とホルンの先生から言われましたが、どういう意味ですか?

選定品って付加価値ついて高くなりますよね?

閲覧数:
118
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dj_********さん

2019/12/1010:17:39

先生がご贔屓にしている楽器屋さんだと、先生のご紹介ということで一般発売価格より安く買えることがあります。一般に発売していない楽器を出してくれることもあります。
私も先生の大学の後輩が務めている楽器屋さんで先生に選定して頂いたら安くなり、しかも8万円くらいするケースもおまけでつけて頂けました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wfs********さん

2019/12/1422:55:30

楽器選定というのは
プロの人が吹いてこれは吹きやすいと思う
楽器を選ぶことです。
そのあと自分が楽器をちゃんと選びます。

付加価値がつくのはわからないですが、
私の時は春のキャンペーン的なので
安くなってました

hhh********さん

2019/12/1014:44:56

選定品に付加価値があるかどうかは実は微妙だったりしますが、
一般的に選定料(楽器店が選定者に払うお金)を購入者が負担することはあります。

本題の安くなる旨に付いてですが、恐らくその先生と楽器店との間で何かしらの繋がりがあると予想できます。
ご贔屓にしているとか。
それで、先生の選定(というより紹介)なら一般的な価格より更に値引いてくれるという意味だと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nyo********さん

2019/12/1013:52:18

質問者さんが思った通り普通は選定料分、高くなります。又変わりませんが、楽器店はその分を負担しています。なので余分に安くなる場合は、、、、なぜかは想像してくだい。

お店によりますが、管楽器は概ね粗利益率が20%前後です。
大手では一部の掛け率の高いメーカーを除いて15ー20%位値引きして販売するのが慣例です。
例えば100万のホルンを買って85万で購入して定価8万(原価50000万)にケースをもらっても、お客さんは15万値引きしてもらったうえに高価なケースまで付けてもらって得した様に思うかもしれませんが、お店からは普段通りなんです。

売れ残りや決算やセール、仕入れが安かったりしりなど何かしらの理由でさらに値引くことはありますけど。

それとは別に信用している方(プレイヤー)に楽器を選んでいただけるなら、お礼をお支払いしてでもお願いした方が良いですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる