ここから本文です

声優さんって割ところころ事務所変わったりしますよね、あれって何でなんですか?

gqn********さん

2019/12/2322:14:07

声優さんって割ところころ事務所変わったりしますよね、あれって何でなんですか?

閲覧数:
272
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/12/2322:58:53

自分をプッシュしてもらえてないと感じると移籍しますね。
もちろん他にいけばチャンスがあるような名のある声優でないと無理ですし、無名な人はずっと在籍したまま声優なのか普通の人なのかわからないような状態で終わります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

[中]さん

2019/12/2516:01:44

過去20年くらいの最近だと、

1990年代後半から 2000年代初めの、
大規模な新人声優デビューラッシュなどもあったので、

1990年代のうちにデビューした新人声優さんは、
わりと、事務所を変えてたり、フリーになったり、いろいろありました。

たいていは、事務所との所属契約期間の区切りがあるから、
これが、数年~10年くらいまででしょうから、
そのあたりで、契約が変わる時に、別な声優事務所に移籍の人もいるから。

声優事務所の場合は、芸能事務所と違って、
そういう、契約の区切りみたいな頃に、事務所を移る問題は少ないようです。

移籍の人が多く見える理由の1つは、この点です。

事務所を移る時、間に、数ケ月の、フリー期間があったりだけど。
(その間に、次の契約交渉をしてたりとか)

これがあっても、前の事務所で取れた出演期間が続いてたりするし、
新しい事務所で、新しい作品の出演ができる人は、問題ないかと。

芸能事務所だと、新人で売り込む時に、金かけてたりするので、
移籍しようとすると、いろんな問題が発生して、
芸能ニュースネタになるのが、少なくないほうです。

のん (能年玲奈) さんの事件が、最近ありましたし。

劇場アニメの、「この世界の片隅に」で、のん さんも声あててますが、
(主役だし)、本名が 能年玲奈さんなのに、
前の事務所が、この芸名の権利を持ってると主張してるために、
本名が使えないという、変な話になってしまっています。

「能年玲奈」という名前を売り込むために金使ったから、
という主張ですね。
勝手にやめられると困ると、主張する芸能事務所は多いです。

声優事務所だと、あまり見られない現象ですし。

声優さんって、売り込んだって、仕事とれないですしね。

仕事とるには、本人が実力で認められて、
出演オーディションで他の人との競合で勝ち抜いて、
役に選ばれる必要があるから。

声優事務所がキャスティングの力を持つ作品もあるけど、
お金をものすごく、事務所側が使うってわけじゃないし。

ただし、近年になると、アーティスト活動も同時にやる声優さんも
増えてきているので、そうなると、
声優事務所の契約と、レコード会社とのレーベル所属契約と、
2つを持つ人も増えてきました。

場合によっては、レコード会社は、新人売り込みみたいに金を
使ってうくる場合もありますので、こちらとモメたりすると、
芸能事務所 (芸能界の一般) みたいな問題は出るのかもしれません。

まあ、声優さんのアーティスト活動や、レコード会社との契約は、
わりと短期で終わることが多いから、あまり、モメた例は聞かないほうです。

質問文の話の、移籍の例などで。

あまり、引き抜きみたいには言われないことなのですが、

アニメ出演その他、が増えてきて、青二の声優さんとの現場が増えると、
他の事務所から、青二に移籍してる人って、わりと出てきたりします。

ちょうど、青二のホームページの、トップページで見られる名前でも、

竹内良太さん (アーツビジョンから)、
水沢史絵さん (シグマ・セブン -> フリー の後)、
高野麻里佳さん (マウスプロモーションから)、
山口太郎さん (演劇集団円・円企画から)、
齋藤彩夏さん (リマックス -> フリー の後)、

こういった、移籍されてくる声優さんの、お知らせが出ています。

青二から他に移ったりの人は、お知らせはされませんが、

新人さんの、青二ジュニア所属の段階の人は、
青二塾や、他の専門学校その他から新人で入ってきてからの、
約3年間くらいの、ジュニア所属期間のうちに、
いなくなるとか、3年くらい経過した段階での、
上の段階の、準所属に上がる時の査定で落ちる人もいるから、

そこで、青二との契約が終了の若手の人もいるわけです。

査定落ちになるといっても、少しは出演実績などがあれば、
他の声優事務所に移っていく人もいたりですし。

たかはし智秋さんは、青二塾の卒業生だったし、
新人の頃は、青二に所属して出演されていました。

準所属に上がる時に落ちたそうで、
アーツビジョンなど、他の事務所に移ったりされています。
こうして、2000年代には、アイマスなどにも出演していたし。

この頃の、20年前後くらい前が若手や新人声優だった人で、
日ナレの上の、アーツビジョンなどで活躍してた人が、
2000年代に入ると、俳協 や 81 や 大沢 や 青二 などへ、
移っていた人も、いろいろいました。

おおむね、新人や若手が多い事務所は、人を出していく傾向です。

伝統の長いほうの大手事務所が、移籍の人を入れていく傾向です。

どちらかというと、自分で劇団や事務所を長年やっておられた、
野沢雅子さんでも、近年に、青二の所属声優さんになっているし。

パターン的にも、ベテラン段階になって青二に移って、
そこで亡くなられると、青二や他の事務所の人が、役を引き継いだり、
こういうことも、近年わりと出てくるようになりました。

今から 50年くらい前に、日本の、テレビアニメの時代が始まって、
その頃から活躍されてる世代の皆さんも、近年かなり亡くなるくらいに
高齢世代になってきているし。

今年、NHKの朝ドラ「なつぞら」で、
日本で、テレビアニメなどが始まった草創期の頃の話が元になってますが、
ドラマの舞台が、東映アニメーション (当時は、東映動画) を元にした会社だし、
そこで、声優さんの初期の話や、声優事務所を作ろうという話など、
(青二プロダクションが 1969年/昭和44年 に設立)、
昔の話が、いろいろ使われたわけです。

だいたい、春から夏にかけては、声優さんの移籍やフリー化など、
よく話が出るほうかも。

5月くらいに、「青二に行きたい」と、ラジオ番組中で言いながら、
契約書にサインしていた、浅野真澄さんのようなこともあったし。
(アイム -> 青二 に移籍)

アイムから青二というと、この少し後の年に、
宮川美保さんなども移っていました。

宮川美保さん、wikipedia みると分かるけど、
いったい、いくつ事務所を渡り歩いたかというくらい、
所属の経歴が並んでいますし。

まだ、若手や中堅あたりの、1990年代頃がたぶん新人の人ですが。

田村ゆかりさんや堀江由衣さんがデビューした頃が、
新人声優さんのデビューラッシュで、この世代は、すごく人数多いです。

同年代の人を、いろいろ調べると、かなり移籍されてる人も分かるかも。

もう少し若い世代の、今から 10年くらい前が新人の人だと、
声優アワード新人発掘オーディション も始まっていたので、

これで指名された場合の、縛りの期間が1年ですので、
その後の活躍の状況によっては、移籍してる人も出やすいかも。

ふつうに活躍できた人の例ですが、

第1回で指名されてた、小笠原早紀さんの場合、
まず新人段階は、エーエス企画に所属されてたようです。
わりと、順調に出演経歴が重なったようで、
賢プロダクションに移籍されていました。

今年、病気休業のニュースで名前が出て、
そういう経歴だったと、気がつきました。
病気のほうからは、もう復帰されていますが。

出演経歴が順調なら、上のレベルの事務所に移籍の人もいるわけです。

現実に多いのは、デビューの多い大きい事務所が新人時代で、
その後、小さい事務所に移るか、消えていく若手の人のほうでしょうね。

まあ、いろいろあると思いますよ。

藤井ゆきよ さんみたいに、
日本工学院を出て (声優コースでなく、照明関係のコース)、
ある芸能事務所みたいな所で活動していて (東映の仕事は多い事務所)、
プリキュア の某作品に出演してたら、
青二の声優さんに変わっていた人もいたし。

新しく作られた事務所だと、新人さんが多い傾向なので、
キャリアが上がって出演が増えると、
出演先を探しやすいように、
他の、大きい事務所や、ベテラン声優さんのいる所に、
移ったりもあるでしょう。

JTBエンタテインメント のような場合は、
内田彩さん (現在は、アクロスに所属)、
楠田亜衣奈さん (現在は、フリー)、
JTB時代に、μ's で NHK紅白出演していたけど、
今は、移っているわけです。

プロ・フィットからデビューして、今は大沢に所属されてる、
茅野愛衣さんなども、そういう感じになるし。

まあ、このへんで。

a9a********さん

2019/12/2414:39:02

概ね、ギャラや出演機会に不満があるから。
あとは、大手有名事務所からの勧誘もある。

プロフィール画像

カテゴリマスター

あまり変わって無い印象あるなあ・・・


30代後半とか40代で
長年世話になった事務所をやめて、

そのままうっすら消えていく人が多いような。

lov********さん

2019/12/2323:48:44

タレントだって変わる奴は変わるでしょ。

どんな職種でも仕事ができる奴は引き抜きだってあるでしょ。

独立する奴だっているでしょ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

あのんさん

2019/12/2323:13:38

コロコロかわっているのっても、ゆいかおりの2人(小倉唯さん、石原夏織さん)と、最近だと久保ユリカさん位しか思いつかないですけど、割とかわってますか?

ただ声優界隈って結構難しくて、81、大沢、プロフィット系列、アーツ系列、青二、この5大系列がほぼ牛耳っていて、その他はどこも中小ばかりなんですよね。

中小事務所は営業力も弱いので、声優そのものに魅力があるか、社長が強烈なコネがあるとかじゃ無い限り仕事がとれないようです。

中小でも例えば東山奈央さんが所属するインテンションは、鈴村健一さんという超ビッグネームが社長兼声優をやっていたり、アクセルワンは森川智之さんというビッグネームがやっていたりと、中小でもこういう所ならまだしもですが、殆どの所は営業力が弱いんです。

で社長が有名な事務所は、それこそ社長との強い繋がりや人脈がないと入れないので、結局それ以外の中小にいる声優さんって、移転しやすい事務所をコロコロかえる傾向はあるみたいです。業界もそれをわかってて条件は緩いんだとか。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる