ここから本文です

小田原〜箱根湯本の区間の箱根登山鉄道の車両にOdakyuと書いてあるのは何故ですか?

san********さん

2019/12/2410:10:40

小田原〜箱根湯本の区間の箱根登山鉄道の車両にOdakyuと書いてあるのは何故ですか?

閲覧数:
55
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ゆきなみさん

2019/12/2410:14:17

小田急の車両だからです。
その区間はすべての列車が小田急の車両で運転されています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「箱根登山鉄道」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

そういう会社だからです

kma********さん

2019/12/2623:33:31

親会社である小田急電鉄の車両のみ使用して運転している区間だからです
(専用に赤く箱根登山鉄道風にペイントされた4両編成が基本)
→勿論特急ロマンスカーも小田急所持

風祭駅が4両編成ならドアを全開にできるようになってからはずっと4両往復運用です
(昔は1両分しかホームが無く、主に今は亡き急行箱根湯本行き6両編成の1両目を非常ドアコックを使って社員が開けていた)

2019/12/2519:45:43

この区間の普通電車はすべて小田急1000形での運転になったためですね。かつては3線軌条方式で1435mmと1067mmが走れる構造でしたが、現在では1067mmだけになり元来の箱根登山鉄道の車両は入生田車庫から小田原駅までは入れなくなりました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2019/12/2413:02:24

箱根登山鉄道は小田急の孫会社です。親会社は箱根登山HD。
その関係で小田原ー箱根湯本間をバリアリーフ化込みの輸送力増強工事をしたあと、輸送力の大きい親会社(祖父会社?)の小田急の車両を借りて使うようになってます。

pon********さん

2019/12/2412:17:35

以前から小田原~箱根湯本間は箱根登山の車両と共に小田急の車両も乗り入れてはいました。しかしながら、小田急と箱根登山は軌間が異なるため、レールを3本敷く特殊な区間である必要がありました。それらの保守の手間を省く合理化と、全車を小田急の大型車にすることによる輸送力強化のため、現在では同区間の旅客列車は全て小田急の車両のみになっています。ただし、箱根登山の車庫が途中の入生田にあるため、入生田~箱根湯本間のみ未だにレールが3本となっており、同区間を箱根登山の車両が回送で出入庫します。(現在は箱根登山線が長期運休のため、出入庫運用はないはずですが)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる