ここから本文です

古文?が得意な方、教えてください! 「みやこの花のちりかかるは、 光信か胡粉...

age********さん

2020/1/1207:00:02

古文?が得意な方、教えてください!
「みやこの花のちりかかるは、
光信か胡粉の剥落した
さまなれ

又平に逢ふや御室の花さかり」
与謝蕪村作の「又平自画賛」という作品にある文章なの

ですが、古文が苦手で理解できません。どなたか解説して頂かないでしょうか?

又平自画賛,光信,古文,胡粉,与謝蕪村作,又平,御室

閲覧数:
12
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ふじゃ。さん

編集あり2020/1/1207:17:31

都の花(桜?)が散りかかったのは、まるで光信(の優雅な絵)の胡粉が剥落したようなもの(味気ないもの)だ。

八重桜の御室は今が盛り。美しく咲いていて、まるで又平の絵のようだ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる