ここから本文です

区間推定について正しいものを2つ選んでください。 1/95%信頼区間とはその区間に...

kst********さん

2020/1/518:41:45

区間推定について正しいものを2つ選んでください。
1/95%信頼区間とはその区間に母集団平均値の存在する確率が95%という意味である。
2/母集団平均値が大きいほど信頼区間の幅は広くなる。
3

/信頼係数が増加すると信頼区間の幅は狭くなる。
4/データのばらつきが大きいほど信頼区間の幅は広くなる。
5/標本の大きさが大きいほど信頼区間の幅は狭くなる。

よろしくお願いします。

閲覧数:
19
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tnb********さん

編集あり2020/1/1009:00:18

1、4、5が正しそうですが、2つですよね。

1は、表現に問題があるのかな?
母平均は、(我々が知らないだけで)決まった数値、確定している値です。それが確率的に動くかのようにみえる表現がダメなのかな?
逆の表現ならいいのかな。例えば、「信頼区間のなかに母平均が入るような標本が選ばれる確率は95%」など。まどろっこしくて、余計分かりにくい表現になりますね。
まあ、「標本(サンプル)はいろいろ変わりうる。母集団(ポピュレーション)は不変」ということ、だから「信頼区間は標本ごとに異なる」ということが分かっていれば問題ありません。(偉そうですみません)

仕方がないので、2つ選べといわれたら、私なら、4と5を選ぶかもしれません。

質問した人からのコメント

2020/1/11 21:06:37

ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる