ここから本文です

モンスターハンターアイスボーンがすぐ飽き易くなったは、傷つけが原因だと思いま...

xsy********さん

2020/1/814:27:22

モンスターハンターアイスボーンがすぐ飽き易くなったは、傷つけが原因だと思いませんか。
無印が面白かったのは、モンスター特有のメリハリと特徴がありその違いで狩りが面白かった。

IBになると傷つけという要素が加わり、どのモンスターを狩るにしても
傷つけで同じ行動同じ箇所を攻撃で、そのモンスター狩る特徴などが削がれてしまったのだと思います。そのせいでどんなモンスターを狩るにしても同じモンスターと闘ってるような気がしてとてもつまらなく感じてしまう。

閲覧数:
215
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

seb********さん

2020/1/814:32:23

本当にその通りだと思います。
モンスターの弱点を的確に狙う楽しさや、立ち回りを考える等、色々魅力が減ってしまった気がしますが、やはり新しくアクションを増やすとしたらワールドの時代に空気だったスリンガーにアクションを追加するということに初めは非常にワクワクしたんですけどね…
実際にプレイしてみて少しガッカリしたのが本音です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

鳥野郎さん

2020/1/819:20:32

単純にコンテンツ量が少ないから飽きやすいんじゃないかな。
MHW以降はモンスターのレア素材の入手確立も体感的に上がったし、昔のシリーズに比べると武器や防具を作るのがかなり簡単になりました。
昔よくあった「このモンスターを倒す為に火属性武器が欲しい→レウスを倒す為にラギアの武器が欲しい→ラギアを倒す為にry」っていうループもほぼなくなりましたしね。

その分、カスタム強化を用意したり、生産武器より強い鑑定武器や覚醒武器を期間限定モンスターと一緒に提供したりと工夫は感じられます。
ただ、それでもMHWで狩りゲーに親しみがない人にも遊んでもらおうと方向転換した結果、もともとのコンテンツ量の少なさが露呈する作りになってしまったのかなと。

クラッチに関しては個人的には大歓迎です。
アイスボーン以降のモンスターは体力も多いし、MHWから追加された新モンスターは隙も少ないので、ぶっ飛ばしのおかげで大技が入れやすくなって、狩りにメリハリが生まれたなと感じました。

ただしクラッチ傷付け前提のクソ肉質や、太刀やガンランスといった武器は2回クラッチ攻撃しないと傷が付けられない事は明らかに調整不足ですよね。
実際、ムフェトは「マルチ前提の難易度なんだから効率重視する為に傷付けは必須」「どんな武器でも一回で傷付け可能」などの仕様により、比較的ノンストレスで楽しめました。

>そのせいでどんなモンスターを狩るにしても同じモンスターと闘ってるような気がしてとてもつまらなく感じてしまう

貴方の考えを否定する訳ではありませんが、クラッチが追加された今の状態でも「どんなモンスターを狩るにしても同じモンスターと闘ってるような気がする」とは感じられませんでした。
各モンスターごとに特徴があり、強い攻撃、厄介な行動パターン、大技を叩き込める隙はバラバラです。
もしひたすら睡眠ぶっ飛ばしをして闘ってるプレイヤーなら単調だと感じるのも納得ですが、そうでなければやはりアイスボーンもしっかりモンハン然とした狩りゲーだと感じます。

こればかりは個人の感想なので、貴方と同じように思う人もいれば、自分と似たような考えを持ってる人も居て当然です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる