ここから本文です

関西電気保安協会から電気の安全診断にお伺いいたしますとリーフレットが入ってい...

tah********さん

2009/1/119:42:59

関西電気保安協会から電気の安全診断にお伺いいたしますとリーフレットが入っていましたが、どのような事を調査されるのしょうか?また不在でも出来ますって記載されてましたが留守の時はどんなことをされるのでしょ

この頃いろんな業者が尋ねて来ますので、とても不安なんですが安心してお任せしても良いのでしょうか。

閲覧数:
6,305
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jan********さん

2009/1/119:47:55

かなり昔からずっと、テレビコマーシャルで協力を依頼している協会です。漏電していないかとか調べてくれるので、具体的な事は、チラシに連絡先が載っているので、問い合わせて、不安を取り除き、検査に協力してあげて下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jiz********さん

2009/1/300:17:53

他の方も仰せの通り、電気事業者には4年に1回以上の周期で需要家の安全点検を行うことが義務付けられておりその業務委託を受けているのが電気保安協会です。
(主に電気火災の予防の為に行う点検です。料金は無料(電力会社の負担)です。)

屋外からは引込線の目視点検と漏電調査を行います(不在でも可能)。
漏電調査はクランプメーターという通電中の電線を挟み込んで電流測定ができる測定器を使います。
※引込線を一括で挟んだ場合、通常は打消し作用によって電流は検出されません。もしも漏電を起こしていた場合は、漏れた電流はアース線に流れるのでその分の差電流が現れることでどの程度の漏電なのかが判ります。

在宅の場合は分電盤の目視点検と電気製品の異常がないかの聞き取りを行います。
更に一時的に停電させる(ブレーカーを切る)ことの了承を戴けた場合は絶縁抵抗計という測定器で漏電を起こしやすくなっていないかの確認をします。

jct********さん

2009/1/203:54:55

下の方が仰ってる通り電力会社から依託を受けて「電気事業法に基づき電力会社が4年に1回行う定期調査」です。
不在の時は、屋外配線の目視点検しか出来ないでしょうね…
出来れば、ちゃんと分電盤まで点検してもらう事をお勧めします。
下記のサイト(国民生活センター)に分電盤のトラブル、消費者のアドバイス等が記載させてますので。
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20080410_1.html

i_s********さん

2009/1/119:48:19

関西電気保安協会であれば、正式に関西電力の委託を受けて調査診断を行っている団体です。安全診断は、引き込まれている電線の目視点検と検査器による漏電のチェックです。在宅であればブレーカーあたりまで見ますが、不在であれば屋外からチェックできるところまでチェックし、「不在でしたが、これこれの項目をチェックしました」という紙を置いていきます(問題点があれば、それも書かれています)。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる