ここから本文です

妄想する個人は統合失調症と診断されるが、妄想する群れは信仰者だとされる。なぜ...

aさん

2020/1/1200:11:26

妄想する個人は統合失調症と診断されるが、妄想する群れは信仰者だとされる。なぜですか?

考えてもみなよ。もしキリスト教が真実であるなら、ほかのすべての宗教は「悪魔の罠」や「妄想」ということになる。次に、もしイスラム教が真実であるなら、ほかのすべての宗教は「悪魔の罠」や「妄想」ということになる。で、もし仏教が真実であるなら、ほかのすべての宗教は「妄想」ということになる。


つまり、どの宗教が真実・本物であるかに関係なく、現実問題として、大部分の宗教は妄想だということになってしまうわけだ。事実として。


であれば、大部分の宗教の教祖や信者は集団で妄想をしているということになるわけだ。事実として。


だが、現実問題として、信仰をしていることが理由で統合失調症だと(宗教の信者が)診断されることはないだろう。その一方で、ある個人が「空が落ちてくる」だのと妄想をしていると、容赦なく統合失調症だと診断されるだろう。それはなぜだ?


おびただしい量の妄想をしている集団が、妄想だけでは飽き足らず他人を(死後の罰などを示唆し)脅迫していてもなにも言われないのに、ある個人がしょうもない妄想をしていると精神異常者とされてしまうのは、いったいなぜなのか?


きっとそれは、「信者たちは、数の多さという暴力で宗教を美化・正当化してしまうからだ」と、おれは思った。


みんなは?




検索用:宗教、キリスト教、カトリック、プロテスタント、旧約聖書、新約聖書、神の言葉、聖句、神、創造主、天使、悪魔、天国、地獄、宇宙、倫理、信仰、キリスト教徒、イエス信者、信徒、キリスト信者

閲覧数:
83
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2020/1/1818:07:52

良問かと思います。

>妄想する群れは信仰者だとされる。

確かに「『集団妄想』=信仰」は言い得て妙です。
しかし「目に見えない世界を信じるのが信仰」ですから科学を超えています。必ずしも「信じること=妄想」とはならないでしょう。何故なら人間は「信じること」によってしか行動できない動物だからです。


>おびただしい量の妄想をしている集団が、妄想だけでは飽き足らず他人を(死後の罰などを示唆し)脅迫していてもなにも言われない

「何も言われない」ことはないと思います。「脅迫」までいった信仰は確実に批判・非難されます。我が国は信教の自由と布教の自由が同時に認められる「宗教の自由先進国」なのです。


>ある個人がしょうもない妄想をしていると精神異常者とされてしまう

信仰には「みんなでやれば正しくなる」的な部分があることは否めません。
しかし「時としてしょうもない妄想をする」のが人間とも言えるわけですから、「=精神異常者」という断定的な見方は若干外れているのではないでしょうか。この判定のためには「頻度」や「内容」など医学的な基準に照らして多角的に見る作業が必要になってくると思います。


>つまり、どの宗教が真実・本物であるかに関係なく、現実問題として、大部分の宗教は妄想だということになってしまうわけだ。事実として。

創価学会の池田名誉会長はかつて「宗教は宗教の土俵の上で正邪を決する必要がある。何故なら宗教は人生を決定づけるものだからだ。しかし私は貴方の信教の自由については死守する」(趣意)と述べられたことがあります。


謙虚に“真実”を求め続ける人生でありたいと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

afo********さん

2020/1/1412:18:12

妄想する個人も信仰者だとされますよ。

a1a********さん

2020/1/1312:08:36

宗教的なものって、
学ぶものなので、少なくとも、教徒のアタマは正常です。
教徒が全員妄想していたら、
それぞれ別の神を見てしまいます。

「数の多さという暴力」はありますが、
その「数」を形成しないといけない訳です。
そこがたいへん。
宗教によらず、✕✕主義、✕✕運動も、
正常な人を大勢、その妄想に従わせる、なにかがないといけない。

いわば、
勝手に自分の文字言語を作って、それで喋って書いてれば、
それはおかしなやつ、ですが、

それが多数の人に共有されれば、それは立派な言語です。
共有されるためには、
他人がそれに共感する、共有する事に利益を感じる、
なにかがないとダメなんだと思います。

daikun-sanさん

2020/1/1216:36:17

統合失調症の妄想というのは、誰かが言ったことを信じる、どこかに書かれていたことを信じるという類のものではないんです。だから宗教を信じることは統合失調症にはなりません。

統合失調症の妄想はどこかに書いてあるものではなくて、内から自発的に湧き上がってくる、あえていえばオリジナルの誰も信じていないようなことを確信するというようなものです。また幻覚(主に幻聴、たまに幻視や幻味、体感幻覚など)と結びついていることが多いのも特徴です。

2020/1/1216:12:27

ぶっちゃけ、昔の仲間のF塚とN根は該当すると思う

創価の家に生まれたことを特権か何かだと思い込み

「自分たちが音楽を早く始めたのはなぜなのか?」



「自分が正しいから、池田せんせーと同じで敵が現れた」

だもの

luc********さん

2020/1/1209:02:05

ラマナ・マハルシは、「世界は真我という映画のスクリーンの
上に投影された映像みたいなものだ」と言いましたが、
統合失調症の離人症の「現実感が無い」という症状に当ては
まります。
マハルシは「世界は自分の中にある」とも言いました。
自閉症もあったのでしょう。

私は一時期この言葉を信じていましたが、それはどうしてかと
言うと、自分の頭の中の漠然とした感覚を言葉で言い表して
いたからです。
でも後に、自分の脳や精神が異常だったからそれが真実のように
感じていただけだという事に気付きました。

最初に言い出した人が教祖という事になるでしょうが、信者も一緒に
なって妄想の世界を築き上げている場合もあります。
オウム真理教がその例ではないでしょうか。

「宗教精神病説」というものもあるらしいですよ。

ただ、宗教の中にはもともと、自分がおかしい事に気付いて
妄想状態から脱却したいという思いから真理を求めて始まり、
それが意図しないところで歪められてしまった場合も
あると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる