ここから本文です

ヒグマがトラよりも強いと言い張っている人に質問です トラがヒグマを捕食してい...

mum********さん

2020/1/1216:44:01

ヒグマがトラよりも強いと言い張っている人に質問です
トラがヒグマを捕食しているのにその逆がない事実についてはどう思われますか

閲覧数:
154
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ayi********さん

2020/1/1216:53:53

図体的にはヒグマは大きいが、トラはクマより小さい割に一撃が重くて動きが速い。でもクマがもしたまたま勝ったとしても、クマには自分より強いと思った相手を捕食してはいけないいう考えを持っている場合が多いため、捕食する例がないのでは?間違ってたらごめんなさい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

2020/1/1803:25:19

まず第一に、捕食しているから強いのならライオンはアフリカゾウやクロサイよりも強い事になります。

クロサイは、群れを支配する大きな雄のライオンを殺した記録がありますが、その逆はありません。

また、クロサイが単独で群れのライオンを蹴散らした事が多数記録されています。

でも、クロサイがライオンを捕食した記録はありません。

大きな群れを支配する有力な雄ライオンがクロサイに簡単に殺されているのに、群れのライオンがまだ子供のクロサイを殺した事があるので、ライオンはクロサイより強いと主張するのは流石に非論理的です。

第二に、捕食と言っても、発信器やGPS、最新の調査手法等を用いた史上最大かつ最高精度の約20年間の科学的な調査で、未成熟なクマや雌のクマが雄トラに5頭(約800個)殺された程度です。

比率で言えば、トラの獲物のせいぜい1%あるかないかレベル。

しかも、殆どが大きな雄トラが雌や子供のクマを背後からの不意打ちで狩っただけです(雌のトラの獲物はせいぜいツキノワグマ程度)。

逆に、10年間で7頭のトラがクマに殺された事を示す資料もあります。

第三に、ヒグマがトラを捕食した事例は少なくとも13例以上あります(恐らく他に食料が無く、トラが逃げないという非常に限られた条件下のみで起こり得る)。

また、ヒグマがトラの獲物を強奪する事も良く知られています。

最近でも、アムールトラの研究者が、繁殖期に雄成獣のヒグマの気が荒くなると、トラはこれらに近付かないと述べています(トラは普段の生活パターンも変更する)。

トラが強いなら何故、雄成獣のヒグマから逃げる必要があるのでしょうか?

更に言うなら、何故、トラの仲間で最大のベンガルトラが、ヒグマよりもずっと小さいナマケグマから逃げる事が多いのでしょうか?

高名なvalmik(ベンガルトラのエキスパート)によれば、彼の知る最強の雄トラとナマケグマが殴り合っていたようです。

しかも、その後の彼らの関係を見ると、双方が相手を尊敬しあっているように見えたと語っています。

第四に、関連動物の実際の戦いを数十年間にわたって見聞してきた専門家(調教師かつ動物園やサーカスのオーナー)は、殆どの戦いでクマはトラに勝つと述べています。

実体験に基づく彼の根拠のある発言は、戦いの一つすら見た事の無い者のただの思い付き、当てずっぽう等の根拠無き発言とは一線を画すると思います。

彼によると、トラはスタミナ配分がかなり下手なようです(恐らく奇襲に特化したトラは最初の攻撃で全てのエネルギーを使い切るような事が多い)。

実際、彼の施設で雄成獣のベンガルトラが雌のヒグマに殺されています(他に雌トラも)。

2018年にも、タドバ国立公園で最強の雄トラが雌のナマケグマに敗北した事例がありましたが、(15分にも及ぶ激戦だったので)これもトラのスタミナが切れた事が敗因の一つのように見えます。

最後に、ウスリーヒグマの雄成獣の体格はせいぜいアラスカのヒグマの60%ほどです。

現地で最大級の個体(恐らく科学的記録)は、約360kgといわれるので、アラスカヒグマの平均にも及びません。

平凡な雄成獣のヒグマ(恐らく250kgほど)に雄成獣のアムールトラ(平均約180kg)が勝てるかどうかすらわからないのに(100年単位の資料ですら証拠が無い)、何を根拠に平均400kg以上はあるだろうヒグマに勝つと思われるのでしょうか(400kgに勝てるなら250kgなんか圧倒出来ます)。

最大のトラであるベンガルトラとナマケグマ(平均80から100kgほど)の関係、雄成獣の雄ヒグマに獲物を奪われたり、それらを避けているアムールトラの状況を見る限り、現地のヒグマを遥かに上回る体格のアラスカヒグマにトラが勝つ根拠が、「雄トラが自分より小さな子供や雌のクマを背後からの不意打ちで狩っている(トラの獲物の1%ほど)」では弱すぎると個人的に思います。

(雌や若いヒグマが大きな雄成獣のトラを殺したり、勝利した事例があるので)トラが強いと主張されるなら、少なくとも自分より大きなクマに勝てる事を証明する事がスタートラインだと考えます(幼稚園や小学生に幾ら勝っても、自分より遥かに大きな格闘家に勝てるとは限りません)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lul********さん

2020/1/1221:29:29

私はヒグマがトラよりも強いと考えてはいませんが、貴方の質問には回答できます。

捕食しているかどうかは強いかどうかとは関係がないと思います。
クマの食べ物としてトラは含まれないだけかもしれません。

ただだからと言って最初に書いた通り、私はヒグマがトラより強いを支持しているわけではありません。

トラがクマを捕食しているのは事実です。それも頻繁ではないにしろ、滅多にないというまででもありません。ですので、これはトラにはクマには勝てることができると遺伝子的に含まれている可能性があります。

一方、ヒグマの方が強いと主張する人達はトラは大型のクマは襲っていない、小型のクマでさえ倒すのに時間が掛かっているのだから、大型のクマを倒せる力はない、特にトラは持久力に問題があるからというのが理由です。
トラが同じサイズのグリズリーベアと戦って最終的に死んだように見える動画もあります。

私は確かにトラは持久力に問題があるとは思います。

ただ攻撃力はトラに分があると思います。そして動画では負けたようには見えますが、トラにも個体差はあるのでこれだけを見て判断することはできません。トラはサイズが違うとは言え、クマを倒した目撃は沢山あるのは事実ですから。

私自身はこの両者にどちらが強いか明確にすることができるような差は存在せず、トラのスタミナが切れる前に致命傷をヒグマに与えることができればトラ、できなければヒグマに分があると考えています。

はっきり言って、どちらが強いかがわかるのは両者に圧倒的な差が存在するときだけで、自然界ではそのような相手しか基本的に肉食獣は捕食対象としません。
ですので、そのようなときにどちらが強いかは明確に決めることはできません。意見が違うのが当然なんです。
これはスポーツでも一緒ですよね。

ただ、そう言った意味ではトラと中型くらいまでのクマには圧倒的な差が存在するので、そこから先をどう考えるかだと思います。

それとどんなに差があっても勝ち負けは100%にはなりません。先ほど話したスポーツのように同じメンバーのチーム同士で戦っても結果はそのときによって変わります。
それが各個体で差があり、そのときの健康状態がわからない動物では尚更です。

それを全体の割合を気にせず、たった一つや二つのエピソードを根拠にして強さを決めることはできないと個人的には思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる