ここから本文です

宿便について。 大腸の内視鏡検査を受けました。 前から宿便を出すダイエットが...

うらしままこさん

2020/1/1911:44:58

宿便について。
大腸の内視鏡検査を受けました。
前から宿便を出すダイエットがネットに記載されてますが、今回の検査では見当たりませんでした。
宿便って本当に有るのですか?
また、有る

としても、大腸検査の前に飲む薬で消えてしまう物なのですか?

閲覧数:
127
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

b_a********さん

2020/1/2020:02:47

日々暮らしていて、食べ物が舌にこびり付いてどっさりと、ということはありますか?歯ならものがくっつくでしょう。でも、粘膜に覆われた口の中には物はくっつきませんよね?大腸の壁は、口の中よりも全然厚い粘膜に覆われています。

「大腸の壁に便がこびり付いて…」という宿便は100%嘘です。大腸の内視鏡をすれば、そんなものが存在しないことがわかります。
また、大腸の粘膜は体の中でも新陳代謝が盛んな部分です。仮に、便がこびり付いて(そんなことはありませんが)いても、粘膜の新陳代謝に伴って剥落します。常識で考えればわかることですが、なぜか、いまだに「宿便どっさり」に騙される人が後を絶ちません。


それでも、東洋医学(中国医学ではなく)では宿便という言葉があります。東洋医学は西洋医学と異なり、体の症状の共通性を分類して、仮想の原因を想定し、それに対処していきます。西洋医学では原因を正しく発見することを大切に考えますが、東洋医学は仮想の原因自体は正確でなくても構いません。下部消化管に仮想の原因が置かれたとき、それを「宿便」と呼ぶのです。宿便は便がこびり付いているいるとは考えません。同じように、体液の異常分泌や水分の代謝障害などを「痰飲」と表現しますが、これも痰を飲むことで発生する病気ではありません。

西洋医学において、便秘状態で長く腸内に存在する便をfecal impactionと言いますが、これの訳語に「宿便」とする人もいます。ただ、すでに宿便という言葉自体が「怪しげな」言葉になってしまっているため、「滞留便」と表現することが増えてきた気がします。もちろん、この宿便は便秘に伴う状態の一つであり、「腸の壁にこびり付いた…」ではありません。

便がこびり付いている、などという表現は、人を騙すだけでなく、東洋医学を胡散臭いものにしてしまいます。東洋医学への冒涜です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「宿便」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

catsenseiさん

2020/1/2519:38:59

あとで内視鏡の画像を見せえてもらえて確認できますよ。

消えるというより2リットルで洗い流される感じです。きれいな大腸でした。

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2020/1/1912:18:29

検査前の大量の下剤で、綺麗に洗い流されていると思います。普段、何もしていない状態で有るかどうかでしょうね。

kakinogeさん

2020/1/1912:00:18

#宿便って本当に有るのですか?

全く同感です
粘液で覆われて蠕動運動してる大腸にどうやって便がこびりつくのか理解できないですし
私もこんなのが本当にあるのでしたら、内視鏡の検査は大変だろうなと思ってました




#大腸検査の前に飲む薬で消えてしまう物なのですか?


大腸検査の前に飲む薬にそんな効能がもしあるんでしたら
その薬が世に出ていると思います




宿便ってデマだと思ってます

d_h********さん

2020/1/1911:56:40

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる