ここから本文です

電車内に可燃性液体は持ち込み不可ということですが、では、駅ナカ(改札内)のコ...

アバター

ID非公開さん

2020/1/2205:53:39

電車内に可燃性液体は持ち込み不可ということですが、では、駅ナカ(改札内)のコンビニでライターの燃料を売っているのはどう考えれば良いのでしょうか。

実際、知らずに買って乗ったことが何度もあるのです、、、

可燃性液体,手回り品,荷造とも,駅ナカ,ライター,がん具,容器

閲覧数:
45
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

akk********さん

2020/1/2208:17:10

JRでは、旅客営業規則の別表第4号で、持ち込めるものと持ち込めないものを細かく規定しています。

持ち込めるものは以下の通りです。

1 火薬類
(1) 銃用火薬で、容器・荷造ともの重量が1キログラム以内のもの。
(2) 振動・衝撃等によって発火するおそれのない容器に収納した、銃用雷管又は銃用雷管付薬きょうで 400個以内のもの。
(3) 銃用実包又は銃用空包で、弾帯又は薬ごうにそう入し、又は振動・衝撃等によって発火するおそれのない容器に収納した200個以内のもの。

2 高圧ガス
(1) 医療用又は携帯用酸素容器に封入した酸素ガスで2本以内のもの。
(2) 消火器内に封入した炭酸ガスで2本以内のもの。
(3) 日常の用途に使用する小売店等で通常購入可能な高圧ガスを含む製品で、2リットル以内のもの又は容器・荷造ともの重量が2キログラム以内のもの。

3 マッチと軽火工品
(1) 安全マッチで、容器・荷造ともの重量が3キログラム以内のもの。
(2) 導火線又は電気導火線で、容器・荷造ともの重量が3キログラム以内のもの。
(3) がん具煙火、競技用紙雷管及びその他のがん具用軽火工品で、容器・荷造ともの重量が1キログラム以内のもの。
(4) 信号えん管及び信号火せんで実重量が500グラム以内のもの。
(5) 始動薬、冷始動薬、冷始動発熱筒及び始発筒で、容器・荷造ともの重量が3キログラム以内のもの。

4 油紙、油布類
容器・荷造ともの重量が5キログラム以内のものは、手回り品として車内に持ち込むことができる。

5 可燃性液体
日常の用途に使用する小売店等で通常購入可能な可燃性液体を含む製品(揮発油等の可燃性液体そのものは除く。)で、2リットル以内のもの又は容器・荷造ともの重量が2キログラム以内のものは、手回り品として車内に持ち込むことができる。ただし、中身が漏れることを防ぐための適当な方法で保護してあるものに限る。

6 可燃性固体
日常の用途に使用する小売店等で通常購入可能な可燃性固体を含む製品で、容器・荷造ともの重量が2キログラム以内のものは、手回り品として車内に持ち込むことができる。


7 吸湿発熱物
乾燥した状態のカーバイドで、破損するおそれのない容器に密閉した1個の重量が20キログラム以内のものは、手回り品として車内に持ち込むことができる。

8 酸類
(1) 酸類で、密閉した容器に収納し、且つ、破損するおそれのないよう荷造した0.5リットル以内のもの。
(2) 薬液を入れた鉛蓄電池で、堅固な木箱に入れ、且つ、端子が外部に露出しないように荷造したもの。

9 酸化腐しょく剤
(1) 酸化腐しょく剤で、密閉した容器に収納し、且つ、破損するおそれのないよう荷造した0.5リットル以内のもの。
(2) 晒粉及び酸化腐しょく剤製品で、容器・荷造ともの重量が3キログラム以内のもの。

10 揮散性毒物
(1) クロロホルム、ホルマリン及び液体青酸で、密閉した容器に収納し、且つ、破損するおそれのないよう荷造した0.5リットル以内のもの。
(2) 揮散性毒物のうち試薬として用いるもので、容器・荷造ともの重量が3キログラム以内のもの。

11 放射性物質はいかなるものも持ち込めません。


12 セルロイド類
日常の用途に使用する小売店等で通常購入可能なセルロイド製品で、実重量が300グラム以内のものは、手回り品として車内に持ち込むことができる。

13 農薬
(1) 農薬取締法(昭和23年法律第82号)の適用を受けないもの。
(2) 拡散用高圧容器に封入した農薬で2本以内のもの。

https://www.jreast.co.jp/ryokaku/beppyou/kikenhin.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

KS55698さん

2020/1/2206:07:37

ちゃんと例外事項があります。

可燃性液体、高圧ガス、可燃性固体を含む製品であって、小売店などで一般的に購入いただけるもの(酒類・化粧品類・医薬品・ヘアスプレーなど)は、2リットル以内または容器を含む重さが2キロ以内であれば、持ち込むことができます。この場合、中身が簡単に漏れ出ないようにご注意ください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hay********さん

2020/1/2205:56:34

現生地球人の間では、「量」という概念があるみたいですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる