沖縄石垣島でマングローブ(オヒルギ)を購入し関西に戻り育て始めました

沖縄石垣島でマングローブ(オヒルギ)を購入し関西に戻り育て始めました 寒くなってからは室内で育てて今現在で8ヶ月です 初めは4本同じ器で育ててましたが昨年末に4本バラの器に移し替えました。 移し替えた時期も悪かったとは思うのですが移し替えてから一本が枯れてしまいました。 4本とも心なしか、茎の部分の色も変わってきた気がします 育て方などを調べると観葉植物の土と聞いたので購入しましたが、日が経つと水も臭う気がし、土との相性が悪いのでは?と感じ始め、4本うち2本は土をのけて水だけにしてる状態です 土の上から置く砂利も水槽に入れる砂利を使用していますが大丈夫でしょうか? どうすれば上手く育つかアドバイスお願いします

画像

観葉植物71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

生育している環境から考えると、栽培は難易度が高いと思います。 まず、関西では加温できる温室でもなければ冬は気温的に枯れるので室内に入れていると思いますが、室内では窓越しでも日照が全然足りないです。 また、満潮時は水の中でも干潮時は水が引くところに生えているので水に浸かる時間と浸からない時間が必要かと思います。 また、幼い苗は気根が外に出ていないため、湿りっぱなしではうまく呼吸ができません。 自然界では水の流れで水の中に酸素が充分溶け込んでいるためある程度水に浸かりっぱなしでも大丈夫でしょうが、人工栽培だと水耕栽培のようにエアレーションが必要になってくると思います。 ヒルギ類は汽水域に分布していますが、オヒルギは割と上流の方なのでそれほど塩分は必要としないと思いますが、サンゴのカルシウムやマグネシウムなどの海の水に含まれる微量ミネラルは必要だと思います。 とりあえず、目先の生育不良としては日照不足と酸欠が元気がない主な原因だと思います。

あと、室内の気温は真冬でも15℃以上をキープ(特に夜は冷えないように)、夏は30℃以下にして輻射熱に注意してください。 冬は2月でも蝶々が飛び回る気温です。 夏は関西よりも意外と気温は高くならないし、川や海の水でも冷やされていて自分の葉でも木陰をつくるので土の温度が30℃超えると弱ると思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

素早い返答ありがとうございました アドバイス通り出来る限り頑張ってみたいと思います

お礼日時:2/4 11:34