ここから本文です

コロナウイルスで、昔の映画「復活の日」が少し話題になってますが、自分は昔に観...

アバター

ID非公開さん

2020/2/500:07:16

コロナウイルスで、昔の映画「復活の日」が少し話題になってますが、自分は昔に観ましたが、

凄くショッキングな描写があったのを記憶してます。

記憶が正しいか?は分かりませんが、内容としては
南極の基地?に避難した僅かに残った男女が
このままでは人類が滅びるから、、、
という理由で子供を残していく為に女の人達を
男で平等に共有していこうみたいな描写です。

もしかしたらその残された男女の中にカップルがいて
子供が産まれて、、、だったのかもしれませんが、
その辺の記憶が曖昧です。

どうだったでしょうか??

また、実際に同じ様な事態が起きたら男たちは
言い方は悪いですが、女を共有しよう、とか
言い出しますかね?

閲覧数:
647
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/2/500:31:08

映画でそうだったか?
小説だったか?いずれにせよ、それに近い話はあったと記憶する。

ただ、子どもは皆の子ども的な解釈とするなら
そう酷い話でもあるまい。

映画だと、南極以外のどこかで村も出来たんだっけ?
チラッとそんな感じなの最後の方であったような気がする。

しょっぽクン

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sen********さん

2020/2/511:53:03

元々、小松左京さんの小説って
この状況になったらってだから

南極に残された人類はどうするのか
現実にもそこに落ち着くでしょうね

吉住が徒歩で放流したのは
核なのかの影響で精神を破綻させたから
たしか本能で南に向かったって描写があったかと

日本沈没は日本人をユダヤのように
国が無くなるとってテーマ
日本列島を無くすのが早い
地震は復活の日で勉強したんで丁度いい
沈没パニックを書いてて熱が冷めて
以後、続編を書かず
別の作家が引き継いで書いた

jir********さん

2020/2/501:40:19

結果はそうですが、切っ掛けはある女性がレイプされた事に端を発しています。んで、絶対的に女性の比率が少ないため、子孫を遺すために当番制で割り当てようと。ラストではそうして産まれた子供と女性で小さなコミューンを形成していました。手作りの十字架が多数あったのは、南極で核兵器の犠牲となった男性陣のものでしょうか?
やむを得ないとはいえ、この展開は胸くそ悪いですね。他にも坊やの無線とか、嫌な展開の多い映画でした。
ワシントンの核発射阻止に失敗してから吉住は徒歩でひたすら南下しますが、放置された車やバイクを使う手段があるだろ、とか船舶の方が楽じゃね?とか思ったりしていました。ボロボロになって移動する姿は殉教者のようでもあり、映像が素晴らしく美しいので誤魔化されてしまいますけど。
でも、ひたすら美しくも切ないジャニス・イアンの主題歌は、涙が出そうなほど素晴らしい名曲でした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる