ここから本文です

古文です。

アバター

ID非公開さん

2020/2/917:57:13

古文です。

「偽りを君が契りし言の葉にかかる涙の露ぞ悲しき」
という和歌なんですが、ここに掛詞と縁語が使われているらしいんです。
よく分からないので誰か説明をお願いしてもいいですか?

閲覧数:
12
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/2/1010:37:06

『しぐれ』
偽りを……偽りの愛をあなたが誓った言葉を信じてたよっていたけれど その言葉の「葉」にかかる涙の露が悲しいわ

「言の葉」と「葉」、「かかる(信じて頼る)」と「(水などが)かかる」が懸詞。
「葉」「露」が縁語。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/2/1013:08:32

    わかりやすい説明ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる