ここから本文です

武器等製造法による武器等の中には散弾銃のサドルマウントも含まれるのでしょうか...

vwd********さん

2020/2/1921:18:11

武器等製造法による武器等の中には散弾銃のサドルマウントも含まれるのでしょうか?

含まれないのであれば自分の所持する散弾銃のサドルマウントは自作または製作依頼をし入手することは合法

となるでしょうか?

閲覧数:
17
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

fuk********さん

2020/2/2008:49:45

サドルマウントは日本国内では合法的なものです。
サドルマウントや普通のマウントは実銃用おもちゃ用などたくさん市販されています。
国内で自作したり製作を依頼してもなんら問題はありません。

スコープやマウントは銃に取り付けても、銃の機能を変えるものでも、外観を変化させるものでもありません(と警察は認識している)
したがって変更届もなにも要りません。

  • 質問者

    vwd********さん

    2020/2/2012:14:44

    回答ありがとうございます。大変参考になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる