ここから本文です

歯のホワイトニングは象牙質の色素を分解するのですか?しかし、表面に凸凹をつけ...

shi********さん

2020/3/715:47:35

歯のホワイトニングは象牙質の色素を分解するのですか?しかし、表面に凸凹をつけて乱反射させるだけで言っている歯医者もいます。

閲覧数:
65
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Dr.TSUBAKIさんの写真

専門家

Dr.TSUBAKI さん

2020/3/718:37:19

ホワイトニングの主原理は、エナメル質の着色有機質を無色化して白くする方法です。なおこの効果は象牙質まで達しており、象牙質も明るくなります。

ただしホワイトニング剤が酸性の場合は一時的に歯の表面のカルシウムが溶けて凸凹になり、光の乱反射で白く見えます。この白さは唾液の再石灰化作用ですぐに元に戻ってしまうホワイトニングの副作用です。ちなみに最近のホワイトニング剤の多くは使用直前に中性にして使用しますので、この副作用はほとんど起こりません。

なおもう一つの副作用は、ホワイトニング時の乾燥によって白っぽく見えることです。これは今のホワイトニング、特にオフィスホワイトニングで起こります。この副作用も唾液によって歯に水分が戻ることにより、すぐに元に戻ってしまいます。

回答した専門家

Dr.TSUBAKIさんの写真

Dr.TSUBAKI

歯科医師

米国の最先端ホワイトニングを日々研究、提供しています

1995年に日本で初めての歯のホワイトニングサロン”ティースアート”を銀座にオープンさせて以来、新聞、雑誌、TVや講演活動などを通して日本にホワイトニングを広めた第一人者。日本歯科審美学会認定のホワイトニングコーディネーター委員長を務め、全国1万人以上のコ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる