ここから本文です

故人の名誉が傷つけられたとして遺族が提訴することってできますか。

fre********さん

2009/1/1215:24:38

故人の名誉が傷つけられたとして遺族が提訴することってできますか。

閲覧数:
4,870
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ain********さん

2009/1/1219:16:44

Ⅰ故人の存命中に名誉毀損行為があった場合

1刑事訴訟について
名誉毀損罪(刑法230条1項)は公訴提起に被害者の告訴を必要とする親告罪です(刑法232条1項)。
この場合、死亡した被害者の親族は告訴権を持ちます(刑事訴訟法233条2項。ただし、故人が告訴しない意思を明示していた場合は告訴できません)。
よって、この場合、遺族が「親族」である場合は告訴できます。
親族とは配偶者、6親等以内の血族、3親等以内の姻族を意味します(民法725条)。
また、告訴は犯人を知ってから6ヶ月以内に行う必要があります(刑事訴訟法235条1項本文)。

2民事訴訟について
故人の損害賠償請求権は相続の対象となるとするのが判例です。
よって、遺族が相続人にあたる場合には故人の慰謝料について損害賠償請求訴訟を提起できます。
逆に、相続放棄をしていたり、他に相続人がいるといった理由で相続人にならない遺族は提起できません。
なお、故人への名誉毀損が同時に遺族への名誉毀損になる場合は、遺族自身の慰謝料について損害賠償請求できます。

Ⅱ故人の死亡後に名誉毀損行為があった場合

1刑事訴訟について
名誉毀損罪が親告罪であること、および告訴権者についてはⅠと変わりません。
しかし、死者の名誉毀損は虚偽の事実でなければ成立しません(刑法230条2項)。
真実であった場合には、たとえそれが故人の名誉を毀損していても、名誉毀損罪にはなりません。
ただし、それが同時に遺族の名誉を毀損している場合は、遺族自身が被害者となって告訴できます。

2民事訴訟について
刑法230条2項の法理が民事にも適用されます。
真実であった場合には、不法行為(民法709条)とはいえず、損害賠償請求はできません。
また、死者に民事上の損害が発生することは民法の論理上は考えられないので、遺族が受けた損害分についてのみ損害賠償請求できます。

質問した人からのコメント

2009/1/13 13:04:39

感謝 大変恐れ入ります。重ね重ねありがとうございました。。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる