ここから本文です

江戸時代に、武士・公家以外で、 一番身分が高かったのは、庄屋(名主ですか? ...

njj********さん

2009/1/1217:33:29

江戸時代に、武士・公家以外で、
一番身分が高かったのは、庄屋(名主ですか?

また、名主は下級の武士に、土下座していた訳ですか?士>平民だからです。

閲覧数:
1,319
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jjm********さん

2009/1/1218:06:44

農民なら庄屋・名主・地主、商人なら御用商人や町年寄といった役職に就いた有力者は庶民とは一概に分類できないようです。
江戸時代は徳川幕府の天領と各大名家の領国は制度が似ているようで微妙にそれぞれ違いがあります。
また、江戸後期には富裕な農民や商人には士分の格式や特権を上納金などと引き換えに付与することも多くありました。
このため困窮した大名家の中には大地主にして商業にも携る地方の有力者は下級武士の格式はおろか藩財政などの運用を任されるくらいの権限を与えられることもありました。
因みに武家や公家以外で身分が高かったのは僧侶や神主それに朝廷出入りの芸能者や商人です。
著名な神社には世襲による神家があり五位クラスの官位を貰うのが通例の場合がありました。
また幾分の上納などと引き換えに朝廷や公家と付き合いがある商人や芸能者も六位くらいの官位を得ていたようです。

質問した人からのコメント

2009/1/17 17:44:17

感謝 ありがとうございます!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kor********さん

2009/1/1220:05:07

天皇が一番身分が高かったはずですよ。本来公家とは天皇をさす言葉だったようですが江戸時代には(というか鎌倉以降)武家に対し貴族一般をさす言葉に変質していて、質問者さんのいう江戸時代という前提に従えば天皇は含まれなかったはずですよ。

isb********さん

編集あり2009/1/1220:06:52

武士、公家以外で身分が高いというと
僧侶、神主(神職)がいると思いますよ。

僧侶のなかでも
例えば門跡(門跡寺院)というのは
皇族、摂家など極めて身分の高い子弟が住職(これを門跡と呼ぶこともあります)になっています。

つまり、格式においては
将軍より上の僧侶も存在していたということになりますね。

そのほか
位階の高い寺院、神社の住職、神主(神職)は
”並みの”武士よりもずっと身分、格式は上になります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる