お世話様でございます。 何故、創価学会版御本尊は日寛上人の書写なのですか。日寛上人は日蓮正宗歴代のご法主です。将来、創価学会では会長書写の御本尊様が出回るのですか。

お世話様でございます。 何故、創価学会版御本尊は日寛上人の書写なのですか。日寛上人は日蓮正宗歴代のご法主です。将来、創価学会では会長書写の御本尊様が出回るのですか。

補足

宗名の歴史は、『日蓮正宗聖典』の略史に見ることができます。日蓮大聖人は宗名を厳定されることはなく「妙法蓮華経宗」「法華本門宗」等と仰せられ、宗旨の名称について特に重要視なさることはありませんでした。

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/3/22 14:39

日寛上人の創価学会版本尊は、栃木県小山市・淨圓寺所蔵というのはよく知られていますね。 当時の住職 成田宣道氏の申し出により、学会による御本尊下付が始まりました。 成田宣道氏は創価学会青年部出身で日蓮正宗の僧侶になった人です。 当時は学会僧と言われましたが、破門後に宗門を離脱し、離脱僧の一人になっています。 淨圓寺は、学会系単立寺院として、今日に至っています。 将来の御本尊がどうなるかは不明です。 なお、下記のサイトで、その正当性を主張しています。 創価学会の御本尊授与の正当性について 日蓮正宗青年僧侶改革同盟 https://nichiren.com/wp-content/uploads/2020/01/p01.pdf

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすい解説を頂き有難うございます。今後とも宜しくお願いします。

お礼日時:3/23 12:22

その他の回答(2件)

0

ワンコにナイス押したアホがいるようだ 前も書いたが、本当に意味が分からない 江戸時代の、学会員がだーれも会ったことがないお坊さんですよ 学会と関係ある法主の本尊なら、まだ理解できるけど 池田せんせーが書けないなら、未来の会長にもムリだ