ここから本文です

ソロ曲の伴奏合わせについて。

アバター

ID非公開さん

2020/3/1920:51:11

ソロ曲の伴奏合わせについて。

高校生です。ホルンを吹いてます。
今度学校の試験のために人生で2回目、伴奏合わせというものをするのですが、お恥ずかしながら、なにをすればいいのかよく分かっていないまま前回やってしまい、伴奏者の方からレッスンというか、ご指導いただく形になってしまい、あまり充実した伴奏合わせの時間とは言えないものとなってしまいました、、。2人になった時にその時間中具体的になにをすればいいのか、皆様が伴奏合わせの際にしている事などおしえてほしいです。
検索用 ホルン トランペット トロンボーン ユーフォニアム チューバ フルート クラリネット サックス 金管楽器 木管楽器 パーカッション 打楽器 ピアノ 伴奏 伴奏者 伴奏合わせ コンクール ソロコン 音楽 管楽器 音楽学校 音楽科 吹奏楽 吹奏楽部

閲覧数:
57
回答数:
4

違反報告

回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

na_*******さん

2020/3/2209:39:38

いや、ご指導いただけたなら割と充実しているように思います。

音大生の実技試験なんかでもピアノは格上の人に頼むことが多く、ご指導いただくような状況もよくありますよ。
ピアノ弾いてる人の方が知識が豊富なこともよくありますし。(それに頼る気まんまんじゃダメなんだろうけど)

内容をより良くしたいなら、時間中というよりも事前準備の方が大事ではないでしょうか。
楽譜をよく見て、ピアノとどう絡んでいるか理解しておく、とか。

ちゃんと弾ける人が相手の場合、ピアノの楽譜と一言でいっても「この部分はあの楽器に見立てて弾く」とかやってたりするので、どのフレーズがどの楽器っぽいか考えておくとか…高校生で出来る人そんなにいないんじゃないかとも思いますが。
オーケストラ版や吹奏楽版があるなら聴いておくとイメージ補強になります。

そういうのの確認も含めて、合わせの録音は是非しておいた方がいいです。


経験で言うと…やっぱり格上な方に頼んだ経験が多いので、テンポの動きなんかも何も言わずに合わせてもらっちゃってましたね。
吹きにくい所があったら何度かやってもらったり、疑問があったら質問したり、こちらからはその程度でした。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/3/2311:00:14

    丁寧な回答ありがとうございます。ご指導を頂くのがあまり良くないことなのかもと思っていたのですが、頼りきりにならないためにも、今自分に出来る準備を進めていこうと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tar********さん

2020/3/2003:20:57

質問者さんがどういう立場の方かわからないのですが、ソロ曲の伴奏合わせに先生は立ち会ってくれないのでしょうか? そこが、まず無理があると思うのですが。
プロの方で自分の思うとおりに音楽を作りたいというレベルなら、こういう質問は出てこないと思いますし。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2020/3/1923:27:58

ソロとピアノと考えると慣れていないから身構えてしまうのだと思うのですが、いつも吹奏楽部で吹いているなら、その延長です。むしろいくつもの楽器とアンサンブルする吹奏楽より2人だけなのでシンプルです。

例えば、吹奏楽部の合奏の時間に、特定の楽器や奏者が指揮者に捕まって、音が間違えているとかリズムが違うとかそういうレベルの話で合わせの時間を使っていたらイライラしませんか?そういうのは個人で練習してくることですよね。
逆に合奏で他の楽器と上手く噛み合った瞬間、良い響きが生まれた瞬間、指揮者の言葉で全員が同じイメージをして音楽が膨らんだ瞬間などは楽しいし感動もすると思います。

相手がピアノでも同じです。
まずは当然ですが個人で練習すべき部分はしてきて、もし合わせの最中に指が回らないとか音を外すとかが気になっても、それは合わせの最中は後回しにして、合わせの時間しかできないことを確認して下さい。
まずはテンポが変わるところの動かし方、曲の始め方と終わり方。次にピアノとホルンで掛け合いになるところなど音量バランス、一緒に動くところの縦などです。ピアノ譜も読んでみて下さい。

それが最低限できたら、あとは音楽性の話で正解はありません。
簡単なストーリーを作ってみて伝えても良いし、ここはピアノにこうして欲しいと思ったらあなたが指揮者になったつもりでそれを伝えたり、ホルンが引っ張る場面では引っ張り、ピアノに支えてもらえる部分は支えてもらい、一緒に音楽を作りましょう。ホルン協奏曲などで、原曲がオーケストラ伴奏ならオーケストラのほうも聞いてみると良いですね。

ピアノの方がプロで、あなたはどうしたら良いか分からないならレッスンして頂いても良いと思います。良い勉強になります。
恥ずかしいことではないです。せっかくの機会、上手く時間を使って、良い経験ができると良いですね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/3/2021:05:44

    とても丁寧な回答ありがとうございます!少し身構えてたものが取れたような気がします。アンサンブル感を大切に、今は自分の練習を合わせの日に備えようと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

murashinさん

2020/3/1921:00:38

音合わせは、ソリストが主導権を持って良いと思います。

だから、ピアニストに、「僕はこの様に唄いたい。」と言えば、ピアニストは、「私はこの様に弾きたい。」と仰有るかも知れませんね。

メロディーラインから考えて、ここはこの様に唄おうと思うとおりに演奏なさったら良いと思います。

2ヵ月くらいの特訓は必用でしょう。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/3/1921:26:42

    回答ありがとうございます。伴奏合わせまでの間に自分の音楽のイメージや表現を固める為にも、練習に励もうと思います!

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる