ここから本文です

福祉の住宅について 設計施工の工務店で設計をしております。 弊社で建築された...

アバター

ID非公開さん

2020/3/2319:43:40

福祉の住宅について
設計施工の工務店で設計をしております。
弊社で建築されたお客様のご主人が中途障がいで現在リハビリセンターで車椅子の練習をされています。

施設入居ではなくご自宅での介護を望まれており、リフォームでも建て替えでも構わないとのことで、こちらも迷っています。
(建築中、お子さんの家で過ごせるとの事です)
福祉の知識もないのでどのようなアプローチで進めて行くべきかご教示頂ければ幸いです。

閲覧数:
28
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

斉藤 進一さんの写真

専門家

2020/3/2418:54:24

はじめまして

中途障がいで車椅子生活ということですが、障がいの内容・程度を把握されるのが第一ですので、ご本人で出来ることと介助が必要なことを先ずはまとめてみて下さい。

日常生活動作(ADL):日常生活を送るために最低限必要な日常的な動作で「起居動作・移乗・移動・食事・更衣・排泄・入浴・整容」などが含まれますが、ご主人に携わる医療・福祉関係職の方達と打ち合わせする際は、専門用語をある程度知っておいた方がスムーズに進むと思います。

介護福祉住宅の設計・建築には資格が要りませんが、資格取得ではなく基準を知る意味での「福祉住環境コーディネーター」テキストは手もとにあったほうが安心です。

車椅子使用のリフォーム・改修となると段差解消だけでなく、寝食分離の動線や水周り設備機器の変更など大規模改修になるケースもありますので、リフォームだけでなく建替えた場合の設計・お見積りも同時にご用意されると喜ばれると思います。

既に御社にて建築されたお客様との事ですので、ご家族の事や趣味嗜好も把握されていると思いますが、介護福祉住宅の設計でお手伝いが必要でしたらお気軽にご依頼下さい。

簡単ですがご参考になれば幸いです。

はじめまして...

アバター

質問した人からのコメント

2020/3/25 01:51:18

皆様ご回答ありがとうございました。
早速、テキストを購入し内容確認しましたが、目から鱗の情報があり勉強になりました。
担当の作業療法士さんとの打合せ日も決まり、少しづつ先へ進めそうです。

回答した専門家

斉藤 進一さんの写真

斉藤 進一

建築家

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

介護福祉建築を得意とする建築士で、独立系社会福祉士としても活動しております。 知恵袋では微力ながら真摯に対応(回答)させて頂きます。 【「専門家プロファイル」登録専門家】

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2020/3/2420:24:52

①概ね皆さんからも、好意的な「回答」が書かれていますので、内容を参考にしてください。 以下に色々な検討項目を書いてみますので、お役立てください。

(1)現在のご本人の体の状況は分かりますか?:
車いすはご自身の力だけでも、移動する事は可能なのでしょうか? 現在は無理でもリハビリによって、いつかは回復する事が出来そうな状態なのですか?

(2)体の状況はこれから先も安定していますか?:
悪化する様な「病状」であったり、これから先の老齢化によって、体の機能が衰える可能性はあなたから見て高いのでしょうか?

(3)同居する方はいるのでしょうか?:
お一人で生活するのはキツイと思いますので、誰かと一緒に暮らしているのでしょうか? あるいはこれから同居する予定はあるのでしょうか?

(4)どの程度のサポートがあれば良いのでしょうか?:
どのくらいの頻度で、「リハビリ」や「デーサービス」に、通われる予定なのでしょうか?

(5)体のどこの部分の機能に問題があるのでしょうか?:
発生した中途障がいの主な原因は、「脳」にあるのでしょうか? 「体」に出ているのでしょうか?

(6)生活上の問題点はありますか?:
「食事」に「排泄」に「お風呂」などで、特にあなたから見て注意すべき点はありますか?

(7)体温の調節機能に問題はありませんか?:
体が不自由になると、体温調節の機能が低下する方がいますが、あなたが知る限りどの様な状態だと思いますか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/3/2400:36:24

ご主人の障害の度合いと年齢と今後の回復の見込みを
本人と家族、ケアマネや作業療法士などにお聞きして
からだと思います。
個人的には
障害が酷い場合は建て替えが良いかと思います。
これからの介助や介護しやすい設計や
車いすの生活になるようであれば
自走式なのか介助式なのかでも廊下幅などもちがってきます。
同時にトイレや浴室も同様ですよね。
リフォームだとかなり限界のところがあるので
費用と時間が許されるならば
建て替えですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

katumokuさん

2020/3/2321:50:49

*リハビリセンターの、担当理学療法士に現住まいを見てもらい、本人に合せたリフォームについて意見聞く事からです。建て替えはその後。

yok********さん

2020/3/2320:22:03

障害の具合で違います。バリアフリーとか。障害者 家とかで検索すると出てきます。その人がどうであったら嬉しいかですね。また、もっと歳をいった時のこともふまえた方がいいですね。バリアフリーにしたら控除とかもあるみたいですし、その辺も損しない様に。

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2020/3/2320:11:24

障がいの具合で判断は分かれます。
車椅子で自走できるのか、介助が必要なのか、歩行器での移動も可能なのか…。
介護保険の対象ではないようですが、先ずはリハビリセンターの担当者と打合せしてから進めた方が間違いない。
介護認定を受けられるなら、ケアマネジャーに相談するようになります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる