ここから本文です

交通事故被害者なのですが、加害者側の保険屋が出してきた弁護士が休業補償を払わ...

inu********さん

2020/3/3008:32:42

交通事故被害者なのですが、加害者側の保険屋が出してきた弁護士が休業補償を払わないと言ってます。
加害者に直談判して保険会社に払うように言ってもらったら支払われますか?

閲覧数:
75
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nih********さん

2020/3/3011:56:13

日本交通事故鑑定人協会の交通事故鑑定人ライセンス所持者です。

…前の方の投稿を読みましたが、全くデタラメなので、僭越ながらご回答させて頂きます。

まず、多くの方が誤解している事から説明致します。

交通事故の示談と言うものは、法律的に2つの方法しかありません。それは、交通事故の当事者同士が話し合って決めるか、裁判で決める方法です。

…「実は、損害保険会社が示談交渉するのは、弁護士法違反と言う犯罪の疑いがあるので、最近は損害保険会社の顧問弁護士が出て来る事が多いのです。」

しかし、貴方は、この顧問弁護士と話し合いをする必要は、そもそもないのです。加害者に直接請求して構いません。

…最初から、「損害保険会社は一円も損害保険金等支払いたくないのです。」
損害保険会社は、ただの営利企業なのです。こんな営利企業が損害保険を扱う事からして間違っているんです。そして、その営利企業から金をもらって、損害保険会社が損害保険金を出さない様に悪の画策をするのが、損害保険会社の顧問弁護士です。」

…今後、貴方がどうするのがベストかと申しますと、何も迷わず、貴方も弁護士を雇ってください。恐らく、訴訟になるでしょう。

弁護士に支払う着手金も必要ですが、仕方ないと思って支払ってください。

…皆さんは弁護士と言うと、スーパーマンか何かだと考えている様ですが、実際は大違いです。

「最近の弁護士は、司法試験も易しくなって、馬鹿でも3人に1人が合格してしまう恐ろしい試験を経て弁護士になります。」

「ですから、全く仕事もできず、社会の信用もないのです!」

…こんな弁護士は、今、仕事がなくて、コンビニで働きながら弁護士をしたり、レストランで皿洗いのバイトまでしています。


…貴方が弁護士を雇う時は、ネットで弁護士を探してはいけません。”交通事故に強い”等と自己宣伝している弁護士は最悪なのが目立ちます。

…最後に、交通事故裁判に関して申し上げておきます。交通事故裁判では、弁護士主導ではなく、”交通事故鑑定人”主導で行われる事が多くなりました。

最近の裁判官は、いい加減な警察の捜査資料よりも、ライセンスを持った交通事故鑑定人の鑑定書を重視するからです。

…また、有能な弁護士は、交通事故鑑定人が選任してくれますから、依頼者は安心なのです。

  • 質問者

    inu********さん

    2020/3/3112:58:26

    事故後にすぐ弁護士さんにお願いしてます。
    去年の事で話が進まないのでヤキモキして質問させていただきました。
    余談ですが、加害者の方は普通に低姿勢な紳士でした

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2020/4/1 23:51:41

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

aj1********さん

2020/3/3018:18:38

弁護士は「支払えない」と言っているのだから加害者に言っても無駄。

弁護士が「支払えない」と言っているということは、「請求するなら裁判で決着をつけましょう」と言っているのと同じ。
裁判を起こす場合は請求する方が訴状を出すのが一般的なので、委任している弁護士に言って裁判に持ち込んで貰って下さい。
但し、裁判しても資料が十分でなければ主張は通らないことが弁護士ならわかっているので、弁護士から指示された資料を出さなければ負けるかもしれません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gggさん

2020/3/3015:48:20

過去質見ました。あなたも弁護士立ててはるなら弁護士から言ってもらえ。相手方は話し合いにならないと判断して弁護士に丸投げしたんだ。恐らく相手方は、あなたと接触禁止になっている。正当な権利だと思うなら裁判所に判断を委ねたほうがいい。強引に相手に会い強迫まがいの行動に対して1割の過失があるとの判例はある。

虎の子さん

2020/3/3013:03:59

乗通事故の賠償は他の民事上の損害賠償と同様に
請求する側(被害者側)が訴えて裁判で認められた時点で
加害者側に支払い責任が発生します

双方の見解が一致すれば示談を成立させて
裁判なしで解決することもできるというだけ

あなたがどんな請求をするのも自由ですが
交渉レベルでそれに対応する義務責任は相手側に有りません

相手が加入している任意保険を使った時点で
法的に必要な支払いは保険会社がすべて支払いますので
相手個人には基本賠償責任は一切ありません

弁護士対応になっているということは
相手側保険会社はあなたのことを
まともな対応が不可能な質の悪いクレーマーと
既に認識しているということです
(でなければ弁護士は出てきません)

弁護士は法的に正当な代理人となり得ますので
少なくとも弁護士対応となった時点で
>>加害者に直談判して<<
は不当な行為です

自賠責の限度内で収まっている話なら
相手側と無理に交渉せずに
自身で被害者請求するのも選択肢ですし

どうしても相手側(保険会社)に請求するなら
あなたも裁判も視野に入れて弁護士に依頼です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2020/3/3009:21:36

弁護士対応を受けるだけの何かがあったのではないでしょうか?加害者にそんな事を訴えても無理でしょう。

tra********さん

編集あり2020/3/3009:22:06

支払われません。もし加害者本人が自費で支払ってくれるならいいですがまず無理でしょう。支払って欲しいなら裁判して支払いなさいという判決を勝ち取る必要があります。
そもそも弁護士がというならそれは正式な代理人です。その場合法律的にも弁護士を通さなければならずそれを無視して加害者本人に直接連絡取るのは違法行為です。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる