ここから本文です

新型コロナウイルスに関係する可能性のあるQ&Aです

主要ニュース、発生状況、受診の目安など最新情報をまとめています。新型コロナウイルス感染症について詳しい情報をお知りになりたい場合、ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

LCCのジェットスターは、キャンセルした場合に全額没収(敢えてこの言葉を使います...

sho********さん

2020/4/214:30:43

LCCのジェットスターは、キャンセルした場合に全額没収(敢えてこの言葉を使います)されます。空港利用税等の諸費用も全てです。過去に実体験があります。

同じLCCでもチェジュ航空は諸費用は返金してくれます。没収されるのは航空券代のみです。これも実体験があります。
このジェットスターのやり方は違法じゃないですか?空港を利用してもいないのに…。
どなたか弁護士か、この件に詳しい方のご意見をお聞かせください。
ちなみに、最近の新型コロナ関連では、多くのLCCが全ての便について手数料無料で返金に応じているのにジェットスターは運行便については、同金額のバウチャー(同社でのみ使える所謂金券、しかも有効期限6ヶ月)での払い戻しです。これも納得がいきません。

閲覧数:
509
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

netankerさん

2020/4/214:46:18

まず「全額没収してはならない」というような法律が存在しませんので、違法ではありません。


あとは民事での争いになりますが、購入時に当然「運行約款」を読みましたね?
https://www.jetstar.com/jp/ja/conditions-of-carriage-jq
支払いをしたということは、この「運行約款」に同意したことになります。

この運行約款の
「9.2 不可抗力の事態による変更」の項目に
> お客様が利用できる便を再予約できない場合は、旅行の目的が無効の航空便クレジットを提供する
とあり、現金で返金するとは書かれていません。

また、この下に
>オーストラリア消費者法 opens in new windowなど適用法に別段の規定がない限り、遅延または欠航に起因してお客様に発生した代金または費用の支払いに対し、当社は一切の責任を負わないものとします。
とあります。空港利用税は、この「欠航に起因して発生した費用」にあたるでしょう。


それでも不満な場合は、弁護士を立てて訴訟を起こすことは可能ですが、その場合オーストラリアの法律にも詳しい人を選ぶ必要があるでしょう。

  • 質問者

    sho********さん

    2020/4/410:40:36

    恥ずかしながら運送約款は読んでいませんでした。
    約款を読まずに購入したことは自身の責任であると反省しています。
    善良な相手は非常識なことはしないだろうという甘えがありました。
    これを機に約款を読んでみました。「法律で要求されない限り(中略)責任を負いません。」とあるとおり、この会社はコロナのような非常事態でも割り切って経営しているのだと思います。
    更に国内大手JAL・ANAの約款も調べてみたら同様の条項がありますが、このような事態のときは旅客に対する対応が特別手厚いと思えます。
    考えてみればLCC航空券は大手の10分の1から半額くらいなのだから仕方がないです。
    安い買物をするということは、それなりの危険が伴う(自由度が制限される)こと、これは自分の常識にピタリと合います。
    ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「ジェットスター キャンセル」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

黒影さん

2020/4/321:46:59

納得いこうがいかまいが、そういう契約を認めて購入したのはあなたです。

maz********さん

2020/4/301:08:32

弁護士に相談したいなら、知恵袋ではなくそれなりの場所へ行ってください。

ジェットスターに限らず、航空会社は約款などを国土交通省に届け出たうえで営業していますから、行政のお墨付きを得て全額没収しているといえます。
この点、韓国では当局から是正命令が出て一部返金されるようになったという記憶があるので、韓国の方が消費者が手厚く保護されているといえるでしょう。

コロナ対応については、日本のLCCはジェットスターだけでなくエアアジアも「金券」での返金ですし、ピーチに至っては運休便以外払い戻し対応すらありません。
現金等による返金があるのはスプリングのみのようです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

isa********さん

2020/4/218:05:28

そうです。

不思議です。

空港税や諸経費・・・

これらを返す航空会社もあれば
返さない航空会社もあります。

LCCだけではありません。

一般の航空会社でもあります。

この空港税・・・

キャンセルだけではなく
乗り継ぎの場合でも良くわからない
システムです。

空港によっては乗り継ぎのための
空港税を返却するところもあります。

多くはありません。

これは航空会社が利用客から
徴収しその空港に支払う預かり金です。

これをキャンセルした場合や
ダブルで徴収している場合

返さないのは本当におかしいです。

航空券に切り込みしないで
昔のように別途払いにすれば
問題は起こりません!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jik********さん

2020/4/216:45:48

君の言っているのは、結果論です。
JSは返金手数料が、空港利用税等の諸費用を上回るから、結果的に返金が無いだけ。

AAとかチェジュは、返金手数料が無料なので、結果的に返金されているだけ!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる