ここから本文です

走るのが好きな43歳男性です。 ハーフ1時間45分、フル4時間くらいのランナー ♀️で...

fly********さん

2020/4/517:16:08

走るのが好きな43歳男性です。
ハーフ1時間45分、フル4時間くらいのランナー ♀️です(直近ハーフ1時間41分、フル3時間48分)。
週末、LSDをやるも24キロ位でいつも止めてしまいます。長い距離に苦痛になり頑張って

も30キロです。途中一旦休憩して、30キロ以上走るのは、効果あるのでしょうか?
又、スピードは頑張ってもキロ4分50秒位しか出ません。時よりインターバル800m等やるのですが、早くはなりません。
どちらの質問も個人差があり一概には分かりませんが、分かる方教えて下さい。

閲覧数:
18
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ple********さん

2020/4/812:08:40

距離耐性を作るには、休まず走り続けるのが一番なのは言うまでもありませんが、疲れて24kmでやめるのと、休みを挟んで30km走るのであれば後者の方がトレーニング効果が高いのもこれまた当然のことです。
ハーフ101分ならば24km走るのにキロ4分50ペースくらいが限界というのも妥当な数字です、というかそのペースだから30kmも持たないのでしょう。サブ4だとせめてキロ6分くらいに落とさないとLSDとは呼べないのでは?

ただ今は大会を控えた時期ではないでしょうから、そこまでロング走に固執する必要はないと思います。スピードが課題ならば走行距離を伸ばすよりはそちらの取り組みを優先すべきだというのが私の意見です。
例えば5kmを4分半ペースとか余裕があるならもっと速く走る練習とかしていると4分50での巡行も比較的に楽に感じられるようになってくるはずです。

インターバルが効かないということですが、がむしゃらに走っていませんか?
ポイント練習は単に追い込んで心肺機能を鍛えるだけでなく、長距離走のペースアップに役立つようなランニング技術を身につける目的を持って臨むことでより高い効果が得られると思います。

質問した人からのコメント

2020/4/9 19:11:00

ありがとうございます。
少し休憩しても、長い距離意識します。
ペースアップに繋がるランニング技術は難しいが、頑張ってみます。
丁寧な説明分かりやすかっです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

run********さん

2020/4/811:49:07

還暦ランナーです。

走り続けなくても,効果が期待できます。
2時間走ったら,あえて5分程度休みましょう。
そのとき,給水,補給食を摂ってください。
LSDは,ランニング動作で揺れないようなバックパックを背負い,その中に水分,補給食を詰め込みます。

走行速度の向上は難しいかもしれません。
ビルドアップ走,インターバル走,坂道走など,心肺や脚部の筋肉に刺激を与えるトレーニングがいくつかありますが,加齢とともに限界点が下がってきます。

もちろん個人差が大きいので,一概に申し上げられませんが,スプリント力の進展に腐心するより,全身持久力の向上に努めた方が生産的です。

私事で恐縮ながら,20代後半から走り始め30代前半のとき,フル3時間4分を記録しました。しかしその後,何度かレースコースを変えてトライしましたが,サブ3に届かず。時計も順位も気にせずに済む(もっとも関門通過の時計は焦りますが…)100キロにエントリしています。

ips********さん

2020/4/720:41:54

練習は継続する事に意味があります
ペースが落ちてもやり切ること、頑張ることです

一人でなくランニング仲間と練習する
もしくはレースや練習会に参加する
距離やペースの慣れ、メンタル面も大切です

と言っても限界点はありますよ
そこは個々の身体能力によって変わります
楽しみながら頑張っていきましょう!!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる