声優事務所であるアイムエンタープライズについての質問です。年に一回、日ナレの進級審査と兼ねた事務所所属オーディションが行われていますが、その最終選考を合格したらその年からアイムエンタープライズに所属な

声優事務所であるアイムエンタープライズについての質問です。年に一回、日ナレの進級審査と兼ねた事務所所属オーディションが行われていますが、その最終選考を合格したらその年からアイムエンタープライズに所属な のでしょうか?例として佐倉綾音さんは中学3年から日ナレに通い始め、その年の終わりに所属オーディションに合格。 2009年4月1日よりアイムエンタープライズに所属と書いてあります。他にも本渡楓さんなどが似たような感じでオーディションに合格してからすぐ所属という形になっています。よく預かりを経てから正式な所属になるなどと聞きますが、一体どいうことなのでしょうか。詳しい方いらしましたらお願いします!

補足

アイムには預かりはあるのかということです。m(._.)m

声優445閲覧

ベストアンサー

0

日ナレを卒業ー>アイムという事ではないですが、日ナレを卒業するとアーツビジョングループのどこかに所属することになります。 アーツビジョン、アイムエンタープライズ、ヴィムス、クレイジーボックス、アライズプロジェクト、澪クリエーション このいずれかの事務所所属となります。この中ではアーツとアイムは社長も同じなので事実上看板違いの同一会社と思って良いでしょう。 預かりというのは合格をさせたけれど育成をして育てていく卵扱いの事をいうので、日ナレのようにしっかりとした養成所を持ち、激戦を勝ち抜いて所属となった声優は内部ではジュニアか正規所属のどちらかになるとおもいます。 アイムではジュニアなのか正規なのかは公開してないですね。違いは給料の差です。正社員と契約社員みたいな感じで。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました!

お礼日時:4/19 4:06

その他の回答(2件)

0

この質問のような、 付属養成所から、上の事務所の新人所属に移る段階は、 各事務所や養成所で扱いも違うのと、 必ずしも、情報として全部公表されるとは限らないので、 こうやって、外の場所で、質問や回答も無理だと思いますが。 公表されて明確な事務所の例で書いておくと、 青二プロダクションだったら、 付属養成所の青二塾を卒業してしばらくすると (同じ年だし、年明け/年度末の卒業公演や卒業の直後の月の、 5~6月くらいには、青二のページに「ジュニア所属」で掲載です) ホームページに掲載する事務所の例だから、これは分かります。 もう4月なので、いろんな事務所が、今年の新人さんを掲載してます。 青二だと、新人さん(養成所卒業や新規加入から3年程度)は、 ジュニア所属の人として、別ページ掲載です。 次に、準所属(若手)や、正所属に上がっていきます。 81produce だと、養成所などの卒業近くというか最終段階で、 研修生の期間が1年間あるようで、ページ掲載されません。 (でも、この段階で、新人として仕事で何かの人は、いるようです) (青二だったら、ジュニア所属の1年目あたりに相当します) 81だと、この後で新年の4月になって、 ちょうど、新人所属の人が掲載されてるのが分かるかも。 他の事務所の、いろんなページを見ていけば、 預かり段階の人を、別な写真の段落にして、 ページの下のほうに掲載してたりとか、新人さんは分けてると分かるはず。 このあたりの新人さんの呼び方は、事務所により違ったりします。 アイムエンタープライズも、事務所のページを細かく見ていけば、 4月1日あたりに、新人さんが掲載されてるのが分かるはず。 ただし、所属するのが1年前あたりなどになってて、 1年経過してからの4月に、ホームページ掲載になってると気付くはずです。 (お知らせ、などの文面の日付が、前年の所属の人の年月日で書いてあるから) 上の3つくらいの例で分かる通り、 81 や アイム等は、 ホームページに出ない期間があると分かります。 所属者に相当するのが、ホームページで見られる人、 預かりみたいな段階が、ページに出てない人のようにも解釈できるかと。 こういう段階は、多くの事務所などで、よくあると気付くかもです。 新人さんのうちは、本当に、ずっと続くか分からないですから。 預かりやジュニア所属段階で、1年目に消える人も、わりといるのが現実だし。 質問文で、本渡楓さんの例を書いていますが、 名古屋のほうにいる段階で、地元での出演などが決まったから、 その段階で、所属した感じと、wikipedia の文面だと読めますが。 質問文にある、日ナレなどの内部のオーディションでは、 所属になったかどうかは、明確でない感じがします。 (名古屋で大学生などしてたから、ずっと、所属保留的だったかもだし) 名古屋の地元のほうで、運よく、出演先が見つかったから、 じゃあ、所属させましょう(事務所でマネジメントします)という、 順番かもしれないわけです。 この、地元出演が決まらなかったら、去ってた人かもしれませんよ。 まあ、大学卒業したら上京予定だったかもで、 そういうデビューパターンだったかもですが。 (一般的には、地方にいる人は、声優事務所では不利なのです。実際) 佐倉綾音さんなどの例は、中学や高校の年齢で出演などしてる人なので、 子役や児童劇団にいた人たちと同様のレベルです。 たしか、アイムなどの、日ナレの上の事務所の場合で、 未成年などの人は、ホームページ掲載しないことがありますので、 (ただし、内部では、事務所所属者扱いだったりするようですが) 明確には、分からないほうになります。 本渡楓さんのように、高卒以上から出演や所属等がある人とは、 分けて考える必要があると思いますよ。 (多くの声優さんで、養成所からなら、高卒以上からの人は多いです) こういう部分は、会社内部の話が多いから、明確に書くのも難しいかと。 知ってる人が、外でうっかり書くと、問題にされることもあるし。 公表された情報をもとに書くようなのは、問題ありませんが。 (それができるのは、青二など、情報公開してる所に限られますけどね) 日ナレさんの場合は人数が多いですし、明確に分かるのは無理かなと。

1

預かりというのは正式な所属にするほどの価値はない人に対してするお試し期間のようなものです。価値のある人なら最初から正式な所属にします。全員が預かりからスタートするわけではありません。 そこら辺は事務所によっても扱いが違っていて、酷い所だと預かり待遇で大量に契約して傘下の養成所や友好関係にある専門学校の見かけ上の実績を上げるのに利用してるなんて所もあります(仕事もまわさず、数年したら大半は契約解除)。

1人がナイス!しています